亀は意外と速く泳ぐ/あらすじとネタバレと感想

亀は意外と速く泳ぐ 2005年の邦画

亀は意外と速く泳ぐの概要

制作:2005年 日本
監督:三木聡
出演:上野樹里、蒼井優、他

亀は意外と速く泳ぐの見どころ

三木聡監督による脱力系映画。
平凡な主婦が海外に単身赴任している夫から亀の世話を頼まれる。そして暇を持て余した主婦はスパイになる事を決意。
笑いの小ネタが沢山ちりばめられているコメディ映画である。

亀は意外と速く泳ぐのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

平凡な主婦スズメ(上野樹里)は、海外に単身赴任している夫からペットの亀の世話を仰せつかっています。
何もすることがなく、亀にエサをやるだけの毎日。そんなスズメと対照的なクジャク(蒼井優)は、奇抜な服装だけでなく、洞窟に住む変わった友達だ。
スズメとクジャクは同じ日に同じ病院で生まれました。名は体を表せるというとおりのままの二人でした。
スズメはこんな平凡で何もない毎日にとても退屈していました。そしてまたある日の事。スズメが100段階段を上っていると、小さな広告を見つけます。階段の手すりの下に5ミリほどのシールが貼ってあり、スパイ募集というものでした。
ある日待ち合わせしたスズメはクジャクの事を二時間も待たせてしまいます。暇なのでスズメは「永久パーマ」と書いてあった理容院に飛び込み、パーマを失敗してしまいます。
そこにやってきたクジャクはその頭を見てラーメンを欲します。ラーメンを食べた後はヒッチハイクして帰るクジャク。どこまでも破天荒です。
そしてスズメはバスを待ちますが、その存在感の薄さから無視されてしまいます。どうにも感情が抑えられなくなったスズメは思い切ってスパイ募集に電話します。
するとそこにはある国から来たスパイという夫婦がおり、スズメの事を歓迎します。そして今日からスパイと言われ、活動資金として500万をわたされたのです。しかしその任務は平凡に暮らすこと。これではいつもと変わりがありません。しかし平凡を追及していくことを考えているといつもの生活も楽しくなってきました。それに夫妻のいうスパイ特訓をこなしていくうちに生活に張り合いが出てきました。

ネタバレと結末

しかし平凡で居なければいけないスズメは、遊びに行った海岸で死体を見つけたり、クジャクが失踪したり、溺れていた少年を助けてワイドショーに取り上げられたりと、これまでのように平凡な生活が難しくなってきました。そして次第に公安当局にも目をつけられてしまうのです。警察ではスパイを排除する動きに出ていたのでした。
そしてスパイたちは集まりの合図があったので集まろうとするが、その時警察が夫妻の家に侵入しようとしていたのだった。停電を起こしたスズメは、そのおかげでスパイたちが公園に集まることができ、ベンチの下から階段が出てきて皆そこに入っていきます。スズメだけはスパイを中止されその場に残されます。
スズメの前には貰った500万。そしてフランスでスパイに間違われたクジャクを助けに行くために、旅行鞄を持って出かけていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました