天使の恋/あらすじとネタバレと感想

天使の恋の概要

制作:2009年 日本
監督:寒竹ゆり
出演:佐々木希、谷原章介、山本ひかる、大石参月、七菜香、加賀美早紀、深水元基、酒井若菜、他

天使の恋の見どころ

天使の恋はsinの携帯小説を元に寒竹ゆり監督が映画化。
佐々木希の初主演作というだけあって、当時は話題になった。
援助交際や恐喝を楽しんでいた女子高生がある大学教授に出会って変わっていく話である。

天使の恋のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

女子高に通うとてもかわいい小澤理央(佐々木希)。しかし高校生らしからぬ金の使い方をしていました。
ある日の事、理央はいじめを目撃し、いじめられていた知子を自分のグループに入れてあげることに。理央たちの生活はとてもきらびやかで、女子高生が憧れる生活でした。
しかしそのお金は彼女たちが援助交際で稼いだお金であり、友子にも誘ってくるのでした。
はじめは断っていた知子でしたが、断れずについに自分も援助交際をしてしまう。理央は援助交際だけでなく、男友達を使って援助交際の相手を脅してお金を取ったりもしていました。
・・・友子ははじめからはめられていたのです。しかし友子は知らずに仲良くなっていきます。
ある日写真を現像し、持って帰ると中身が違いました。写真には男性が映っていて、妙に気になったのです。写真の袋には小澤光輝と書いており、苗字が同じことで店の人が間違えたようです。
理央は写真屋を通さずにそこに書かれていた電話番号に電話します。後日小澤光輝と会う約束をしますが、小澤光輝は大学教授であり、脳に腫瘍があり余命を宣告されていました。
小澤光輝は結婚もせず一人暮らして、余命二年と言われてから毎日をカウントする毎日でした。
待ち合わせにやってきた小澤光輝に理央は一目ぼれしてしまいます。相合傘で歩くふたりでしたが、突然小澤光輝が倒れてしまいます。
その後、理央が援助交際をしていると光輝が倒れたと連絡が着ます。
理央はすぐに病院に駆け付けます。その後、光輝はまた教壇に上るのでした。
すると理央が講義の中に居ました。自分も勉強を教えて欲しいといいます。

ネタバレと結末

完全に恋に落ちてしまった理央はもう援助交際はできないといいます。
そして100点をとったらデートして欲しいと光輝にねだります。援助交際の男に借りてもらっていた部屋は解約し、100点を目指します。
1点足りませんでしたが二人はデートします。一方、光輝の病気は着実に進行しますが理央には言えません。
そんな時、援助交際の仲間であった友人に理央は刺されてしまいます。刺した子は屋上へ逃げ、さっき母の恋人を刺してきたこと、そしてその母の恋人にもレイプされていたことを告白します。
そして自分もそこで自殺してしまいます。
ショックなことが続く理央。光輝の部屋に訪れると、そこは抜け殻でした。
探し出して、自分のこれまでを光輝に話します。引っ越しはあくまでも研究のためと理央に言い、理央は帰ります。が、光輝はその場で倒れてしまいます。病院に付いて行く理央ですがそこで光輝はもう長くないことを知ります。そして理央の説得で光輝は手術することに。手術は成功しましたが、光輝の記憶はなくなりました。
最後はそれでも二人が惹かれ合う運命のように抱きしめ合い終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました