恋の門/あらすじとネタバレと感想

恋の門 2004年の邦画

恋の門の概要

制作:2004年 日本
監督:松尾スズキ
出演:松田龍平、酒井若菜、松尾スズキ、他

恋の門の見どころ

羽生生純の漫画「恋の門」を大人計画の松尾スズキ監督が映画化。
漫画原作なだけあり、エキストラには河井克夫、安野モヨコ、庵野秀明、しりあがり寿、内田春菊、ジョージ朝倉、羽生生本人が出演するなど非常にレアな作品になっている。

恋の門のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

石で漫画を描くという奇妙な芸術家蒼木門(松田龍平)は当然収入にならずに貧乏。
バイトで暮らしています。見た目も奇妙で20歳の今でも童貞。そして当然常にいい石を探しており、ある日石を見つけた門は石を掴んだ瞬間に証恋乃に手ごと踏まれてしまいます。
ケガの治療をした門はバイト先に向かうと、証恋乃の職場でした。歓迎会で自分が漫画芸術家であることを告白します。しかし耳で聞いただけでも馬鹿にされてしまう始末です。門は怒って帰ってしまいます。
すると恋乃が飲みなおそうとやってきます。恋乃の家に連れて行かれた門。突然恋乃からパンツを脱がされてします。童貞卒業という言葉が頭をよぎりますが、違いました。実は恋乃はコスプレ好きなのです。恋乃の好きなキャラの服を着せられた門は衣装を嘔吐で汚してしまいます。恋乃はショックでした。
その後、恋乃が売れっ子漫画家と知って門は帰ります。
恋乃が追いかけてきて門の作品を見せて欲しいといいますが、作品を見た恋乃は絶句します。
恋乃は門にセイキ様のツアーに誘います。お金をやりくりしてツアーに参加する門。
そして門は恋乃の横で、恋乃のマネをしてまんがを書き始めます。盛り上がり、やれそうな雰囲気になるのですがまたしても門はそこで嘔吐してしまいます。
しかし恋乃は門を手放さない選択をしました。
そのころ、門の父親が半身まひになってしまい、そのまま亡くなってしまいます。
門は父に言われた言葉を思い出し、石に執着しなくなります。そしてついに恋乃と結ばれるのです。

ネタバレと結末

結ばれたと思ったのもつかの間。恋乃はいろんなことを暴露していきます。
実は恋乃の漫画はもう売れなくなっている事、会社を首になったこと、実は借金まみれな事、両親の家も謝金があり今の家も出ないといけないこと、怪しいサイトにはまって借金が200万あること。
門は自分の家に来るように言い、漫画の新人賞が200万なことからめざすことにします。
もちろん恋乃も応募します。しかし二人は落選してしまいます。
ショックな門はコスプレ風俗に行きますが、指名した女の子は恋乃でした・・・。
大分前から働いていたようです。もう一度受賞者を見てみると、恋乃は大賞を取っていました。
門は旅に出ます。その間に恋乃の両親とコスプレパーティをしていると門が石のコスプレをして入ってきます。逃げた恋乃を門が追いかけると転がってガスタンクにぶつかって爆発してしまいます。そして二人が持っていた石を合わせて終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました