海よりもまだ深く/あらすじとネタバレと感想

海よりもまだ深く 2016年の邦画

海よりもまだ深くの概要

制作:2016年 日本
監督:是枝裕和
出演:阿部寛、真木よう子、小林聡美、リリー・フランキー、池松壮亮、他

海よりもまだ深くの見どころ

自称作家の超ダメ中年を主役に取り巻く大人たちの話の映画。こんなはずじゃなかったという思いをどう消化しながら人は大人になるのか。
是枝裕和監督が大人になり切れなかった大人を描く。
キャッチコピーは「夢見た未来とちがう今を生きる、元家族の物語」

海よりもまだ深くのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

小説家の良多(阿部寛)は一度受賞したものの、筆が進まず現在では興信所で働く毎日。
探偵の真似事をしつつ、パチンコに精を出す毎日です。お金にだらしなく仕事にもだらしない、ダメ中年です。
いつまでも子供のような良多に愛想をつかし、妻と子供は出ていきます。良太は自分の母を頼ります。
父が半年前になくなってからは母は一人暮らしでした。特に母が出かけている隙に家に入り込み、金目のものを漁ります。するとそこに母が帰ってきて、金目のものは全て処分したといいます。そんな良多のことを母はお見通しだったのです。同じように良多の姉も足しげく通っておりました。
ベランダには良多が昔植えた花の咲かないみかんの木があります。その木を息子だと思って育てていると母がいい、良多はなけなしのお金を母に渡して家を出ます。
野球を始めた息子にプレゼントしたいのですがお金がありません。質屋に行った良多は、質屋の店主に「良多と良多の父はそっくりだ」と言われてしまいます。良多は父そっくりに育っていたのでした。
休日、元嫁を尾行した良多は元嫁に彼氏がいることを知ります。しかも息子にグルーブを買い与えています。これにはショックを受けます。
そのころ出版社からまんがの原案を提案されますが、プライドが邪魔してできませんでした。養育費も払えていません。高校生にゆすりを働く良多。良多が昔なりたかったものは地方公務員でした。
息子との月一の面会の日がきて、良多は無理してスパイクを買い与えます。そして母の団地に連れて行きますが、迎えに来た元嫁と台風が来るので三人で泊まります。みんなが寝静まった後、良多は硯を見つけてこっそりと持ち出します。

ネタバレと結末

台風の翌日、良多は息子を連れて公園に行きます。
息子は良多と同じで公務員になりたいといいます。そんな二人を元嫁が迎えに来ます。息子に聞こえないように良多にこっそり「前に進ませて」と元嫁が頼み、良多は了解します。
そして母の家にあった硯(すずり)を質屋に持って行くが、父の思い入れのある硯ということが判明し、高値がついても売れませんでした。次こそはちゃんと養育費を用意することを約束して良多は二人の背中を見送るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました