毎日かあさん/あらすじとネタバレと感想

毎日かあさんの概要

制作:2011年 日本
監督:小林聖太郎
出演:小泉今日子、永瀬正敏、正司照枝、矢部光祐、小西舞優、他

毎日かあさんの見どころ

西原理恵子の自伝まんが「毎日かあさん」を小林聖太郎監督が映画化。
夫婦役には元夫婦の小泉今日子と永瀬正敏。アルコール依存症のカメラマンの夫との家族の在り方を映画に。
キャッチコピーは「泣いてるヒマがあったら、笑おう。」

毎日かあさんのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

漫画家であるサイバラリエコ(小泉今日子)は二児の母でもある。
リエコの母は父の死後高知にいたが、あまりにもの忙しさに上京してもらった。6歳の息子。4歳の娘を抱えており、夫(永瀬正敏)はアルコール依存症で入院中。入退院を繰り返しています。
リエコは母親でもあり、父親の役目も引き受け毎日大忙しです。
毎日が戦場のようであり、仕事ができるまでもすでに一仕事終えたような気分です。
保育所に送り届けると、アシスタントの愛ちゃんとひたすら机に向かいます。仕事が終わると子供を寝かしつけて自分もちょっぴりお酒を飲むのが楽しみ。
ある日、入院していた鴨志田(夫)が勝手に抜け出してきます。
鴨志田は、元戦場カメラマンで人の死に直面したことから、帰国後アルコール依存症になるまで酒を飲んでしまったのです。弱いと言えばそれまでですが、次々に人の死に直面する時の気持ちは当人にしかわからない辛さがあります。
カメラマンはやめて作家になるといいつつも、すっかりヒモ化した鴨志田にリエコは離婚をつきつけます。
鴨志田は自分でも血を吐いたり、家族に迷惑をかけているのは自覚していたので病院の隔離病棟に入院して完全に酒を断つ決意をしました。父の事が好きな子供たちは、父の不在を悲しみますが我慢します。
なかなかアルコールを断ち切れない鴨志田に子供たちに会わせないというルールを設けますが、子供たちが勝手に会いに行ってしまいます。諦めたリエコは無理をしない選択をします。そして鴨志田は家族でまた暮らせる日を夢見て頑張ります。
時は経ち、アルコール依存症を克服した鴨志田が家に帰ってきます。

ネタバレと結末

しかし鴨志田の体はがんに侵されていました。
抗がん剤作用の副作用で髪が抜け落ちた鴨志田を家族は迎えます。鴨志田を迎え入れた後は、つかの間の幸せな時間が流れていきます。
再度鴨志田が入院し、そのまま帰らぬ人となってしまいました。なんだかんだといいつつ、悲しみに明け暮れるリエコのことを慰めるのは子供たちでした。
鴨志田はなくなるまでの間、本当に沢山の家族の写真を撮っていました。いつもの靴からぬいぐるみ、そして家族の笑顔まで。その中でも家族で映った写真は、鴨志田が唯一残した家族への宝物になりました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました