嫌な女/あらすじとネタバレと感想

嫌な女 2016年の邦画

嫌な女の概要

制作:2016年 日本
監督:黒木瞳
出演:吉田羊、木村佳乃、他

嫌な女の見どころ

黒木瞳の初映画監督の作品である嫌な女。
黒木の呼び掛けで映画の話が出て、自分も出演するはずだったが監督が決まらず自分が監督になったという経緯がある。そのためテレビドラマ版では黒木が出演している。
映画の主演は吉田羊と木村佳乃。

嫌な女のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

石田徹子(吉田羊)と小谷夏子(木村佳乃)はいとこ同士。
子供のころお揃いのワンピースを作ってもらい、夏子が着て徹子はもじもじしていると夏子は徹子のワンピースを切り、自分の方が似合うと主張して大人を呆然とさせた過去あり。
内気な徹子はコツコツ派。以後一生懸命に勉強して司法試験にも合格します。法律事務所に勤務し、そこで会った男と結婚。徹子は順調な日々を送っていました。
しかし徹子はいつも孤独感が付きまとっていました。
そしてある日のこと、事務所に夏子がやってきます。夏子は久しぶりに会った徹子に無神経な言葉を投げつけます。徹子は相変わらず嫌な女だと思いつつ話を聞きます。
夏子の相談は、婚約破棄した相手に慰謝料を請求されているという事でした。
なぜか自分が担当することになり、夏子の元婚約者に会いに行くと、未練があり少しでも夏子にこっちに向いてもらいたいがために請求している感じでした。
話を聞いてびっくり、夏子は男のマンションを夏子名義にできないとわかったとたんに婚約を破棄していました。これでは聞く人が聞けば婚約詐欺です・・・。
そして夏子は弁護士料も払わずに去って行ったため、徹子は肩代わりします。
徹子はそのころ、夫からも別れをにおわされていました。感情を出すよりも受け入れた方が楽な徹子はそのまま受け入れて離婚してしまいます。
しばらくして夏子が現れます。夏子は結婚、出産、離婚を経験していて同じバツイチだと徹子に言います。
また夏子の持ってくるもめ事を解決しながら徹子は、改めて嫌な女だと思いますが、夏子もまた徹子の事を嫌な女と思っています。

ネタバレと結末

そうこうしている間に、夏子の事務所の事務員が亡くなりました。
それから冷たい印象だった夏子は一生懸命に仕事に打ち込み、相手を思いやることをはじめます。
人の死に触れながら徹子は関わった人たちの満足が大事だと思ったのです。
夏子の相手の結婚式を邪魔しに行った徹子は、帰ってくると事務員からの手紙が届いていました。
「徹子先生は人に冷たいのではなく、人に多くを期待しない人なのです。」とあり、死の淵にありながらも自分の事を心配してくれていた事務員に泣いてしまいます。
夏子にからかわれながらも、夏子が弁護士代と差し出したのは夏子が詐欺にあったゴッホの絵と先ほどの結婚式での花なのでした。
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました