百円の恋/あらすじとネタバレと感想

百円の恋 2014年の邦画

百円の恋の概要

制作:2014年 日本
監督:武正晴
出演:安藤サクラ、新井浩文、他

百円の恋の見どころ

第1回松田優作賞でグランプリになった足立紳の脚本を武正晴監督が映画化。
安藤サクラは、第39回日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を獲得、最優秀脚本賞するなど多数の賞を受賞した作品である。

百円の恋のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

斎藤一子(安藤サクラ)32歳。引きこもりである。
母の弁当屋を手伝うでもなく、妹の二三子が出戻った際に連れてきた子供とボクシングゲームばかり。父も一子同様だらしない。ダラダラ過ごすうちに見た目もすっかりとだらしない女になってしまっていた。
一子は夜中に近所の100円コンビニに行くくらいしか出歩きません。帰り道のボクシングジムに居る狩野を見るのが習慣となっていました。ある日妹の二三子と歯医者の治療費の事でケンカします。そしてついに母から支度金を貰って家から追い出されてしまうのです。一子は例の100円コンビニで働くことになりましたがそこは底辺の集まる場所でした。店長をはじめ底辺中の底辺の集まり。しかしいいこともありました。
コンビニにボクシングジムの狩野が買い物に来ます。狩野はバナナしか買わないので「バナナマン」とあだ名をつけられていました。ある時、狩野がバナナを店に忘れてしまい追いかけると、狩野からデートに誘われました。
一子的にはおしゃれしてデートに行きましたが、なぜデートに誘ったかと狩野に聞くと「断ら無そうだったから」というつれない返事。狩野は愛想もサービスもなく何のためのデートだったのかわかりません。
しばらくして狩野が店にやってきました。そして代金の代わりに自分の引退試合のチケットを渡します。一緒にシフトに入っていた野間と共に試合を見に行くことに。そこで初めてボクシングの試合を見て引き付けられるものがありました。試合の後三人は食事に行きましたが、そこで一子が居ない間に野間は狩野に、一子は自分の事が好きだといいます。狩野が帰った後、野間は一子を強姦します。
その後、100円コンビニに行ったら、野間は店の金を盗んで逃げていました。
ショックを受ける一子。しかし一子はボクシングを始めます。プロテストを目指しますがプロテストは32歳まで。頑張る一子の元に狩野が風邪をひいて看病しに行くことになります。その時二人は関係を持ちます。が、すぐに狩野は出ていきます。

ネタバレと結末

ボクシングにのめり込む一子。一子ははじめて自分が一生懸命になれるものを見つけたのです。
そして初めての試合。100円コンビニの歌をテーマソングにし、リングに上がります。狩野も見に来ていますが、結果はKO負けでした。
しかし狩野はこれまでとの態度と違い、一子の手を引いて飯食いに行こう。というのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました