かもめ食堂/あらすじとネタバレと感想

かもめ食堂の概要

制作:2006年 日本・フィンランド
監督:荻上直子
出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、ヤルッコ・ニエミ、マルック・ペルトラ、他

かもめ食堂の見どころ

群ようこがこの映画のために書き下ろした「かもめ食堂」
キャッチコピーは「ハラゴシラエして歩くのだ」。
フィンランドのヘルシンキに日本人が食堂を作り、日本食を受け入れてもらうほっこりした話で長く愛されている映画のひとつである。

かもめ食堂のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

フィンランドにひとりの日本人女性が食堂をオープンした。
その名もかもめ食堂。サチエという名の女性がこだわりの日本食を提供する店だ。
しかし、メインメニューのおにぎりをはじめ、日本食自体がフィンランド人に受け入れられないのか、近所の人からは小さな人のおかしな店として認識されていた。
ある日、日本かぶれの青年トンミが店にやってきて、ガッチャマンの歌の歌詞を聞かれる。が、歌詞が思いだせない。
同じ日に日本人もかもめ食堂に訪れてくれて、思い余ってガッチャマンの歌詞を聞いてしまう。
弟がいた影響でガッチャマンの歌詞を全部書いてくれたその女性の名はみどり。みどりは旅をしようと思ったものの、思いつかずに目をつむって指をさしたところがフィンランドだったという。なぜかみどりに運命を感じてしまい、家に呼び食堂で働いてもらう事にしました。
みどりはおにぎりの具が、フィンランドに向かないのではないかと、フィンランド向けにニシンなどにした方がいいのではないかというが、サチエは梅、鮭、おかかしかダメだという。
ある日、フィンランド向けにとシナモンロールを焼いていると、その臭いにつられてフィンランド人がやってくるようになってきた。
そして、かもめ食堂にも少しづつお客さんが増えていった。ある日またもう一人の日本人マサコが来る。彼女もまたかもめ食堂で働くようになるのだった。マサコは介護していた親が死に、フィンランドのエアーギター選手権を見て、国民性に惹かれてやってきたのだった。
女三人で頑張るかもめ食堂はいつしか人気の食堂に。そして毎日充実した日々を三人は送っていくのだった。

ネタバレと結末

ある日、事情を抱えた女性がかもめ食堂で酔いつぶれてしまう。彼女の夫は彼女から去って行ったのだ。
そして去って行った夫とは、サチエがコーヒーの入れ方を教えた男マッティであった。
その後かもめ食堂に泥棒が入るが、その泥棒は彼女の夫であり、コーヒーを教えたマッティであった。
マッティはかもめ食堂の前にコーヒー屋をしていて、当時のコーヒーメーカーを取りに来てたのだった。
かもめ食堂は徐々にファンを増やしていき、おにぎりも売れはじめ、当初の夢である満席になる日が来たのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました