黒い家/あらすじとネタバレと感想

黒い家の概要

制作:1999年 日本
監督:森田芳光
出演:内野聖陽、大竹しのぶ、西村雅彦、他

黒い家の見どころ

貴志祐介のホラー小説である黒い家。単なる保険金目当ての殺人だけでは済まされないヘビィは話である。
キャッチコピーは「この人間には心がない」
この小説の翌年に和歌山県カレー事件があり、実に内容がそっくりであったことから話題を呼んだが、小説よりも前から進んでいた事件のため、どこにでもある話かもしれないということで話題を呼んだ。

黒い家のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

保険会社に勤める若槻は、保険金詐欺などの調査を担当する。
生命保険金というのはリターンが大きいため、さまざまな保険金詐欺が出てくるので保険会社としても常に人を疑い対処していくのでストレスは常に満タンです。
そんな若槻の息抜きは水泳と恋人。
仕事に行っていると若槻は見逃せない電話を受けます。それは自殺でも保険金は出るのかという電話でした。
一年間は保険金が出ないことを知らせて、やんわりと自殺は良くないことを告げる。
その後、菰田という家に指名されて出向くが、子供の自殺の第一発見者になってしまう。どうも陥れられた気がする若槻でした。菰田夫妻の保険状況を調べてみると、一般家庭よりも大きい金額の保険が掛けられておりました。一家三人で月々の保険料は6万と少し。
そして息子は妻の連れ子でした。もちろん妻の名前も変わっています。上司に相談した若槻は、過去の名前でもデーターを検索してみました。すると妻は指狩り族であることが判明するのでした。
指狩り族とは障害給付金を目当てに自分の指を切断する人たちです。夫の方も親指がありませんでした。
そうしているうちに菰田の妻である幸子が保険会社に来ます。
息子の保険金がいつ出るのか聞きに来たようです。その時、幸子の手にはリストカットの後が沢山ありました。
その次の日から毎日のように菰田の夫の方も顔を出します。次第に保険会社もウンザリしてきました。
菰田の契約を取ったセールスレディにコンタクトを取ってみると、夫婦二人の過酷な幼少時代が出てきました。
するとだんだんと二人がサイコパスであることが判明してきました。二人というよりは、妻の幸子がサイコパスです。

ネタバレと結末

そして段々と菰田夫妻は若槻の生活にまで侵入してきます。
そのころ警察が息子の死を自殺と認めて保険金が下ります。一息つきますが、夫婦はまだ高額な保険金を払い続けていることから安心はできません。
再び保険金が請求されます。夫の肘から先が両方とも無くなってしまったのです・・・。
幸子の前の夫も殺されているようで、しっかり保険が請求されていました。ついに若槻の恋人まで連れ去られてしまい、若槻は菰田の家に助けに行きます。菰田の家には死体があったりととても生きた心地はしませんでした。
そしてついに菰田に見つかってしまい殺されそうなところに警察が来て助かりますが幸子は逃げました。
菰田の家からは十数体の遺体が見つかりましたが、幸子の行方はわかりません。
後日、保険会社に忍び込んだ幸子に若槻は殺されそうになりますが、若槻はボーリングの球を投げつけて幸子を殺してしまいます。幸子によって精神的にボロボロにされた若槻が元気になる日はまだしばらくかかりそうです・・・。

黒い家のみんなの感想

ネタバレなし

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)

ネタバレあり

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)