オールド・ボーイ/あらすじとネタバレと感想

オールド・ボーイの概要

制作:2004年 韓国
監督:パク・チャヌク
出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン、チ・デハン、他

オールド・ボーイの見どころ

日本の漫画「ルーズ戦記 オールドボーイ」を韓国のパク・チャヌク監督が映画化。
15年間いきなり監禁された男が突然解放された。その謎に迫る男の物語である。

オールド・ボーイのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

オ・デスは、娘の誕生日プレゼントを買って帰る途中に酔っぱらって補導されてしまう。身元引受人である友人が公衆電話で電話している時に、突然オ・デスが誘拐されてしまう。
オ・デスが気が付くと、そこは見知らぬ部屋であった。部屋には必要最低限の設備があり、足元の小窓から食料が配膳される。そして日々催眠ガスをかがされて眠らされてしまう毎日を送っていた。筋トレしたりテレビを見たりと、外には出れないものの部屋の中では比較的自由に過ごせます。
ある日テレビから、自分の妻が殺されているのを見る。しかも犯人は自分だというニュースだ。暴れるがオ・デスは出ることができない。
毎日毎日同じことの繰り返しであり、オ・デスは何度も自殺未遂を図るが全て処置されて元通りに戻されてしまう。それもまたオ・デスにとっては謎が深まるばかりです。
しまいにオ・デスは割りばしで壁に穴をあけていき、脱走することを思いつく。脱走するまであと少しのことろで、催眠術を掛けられてしまう。
そして再び気が付くと、誘拐された場所であった。違うのはあれから15年経っているということだ。
なぜ15年もの間監禁されたのか。なぜその間の世話もしたのか。オ・デスはいろんな疑問を解決するためにその相手を探していく。
そしてすし屋で出会った女と監禁部屋を特定する。
監禁部屋の管理人を通して、オ・デスはある男を特定する。男はオ・デスに監禁の謎を解くことができたら自分が死ぬが、解けなかった場合はミドとオ・デスを殺すと持ち掛ける。
そしてオ・デスはすし屋の女が高校の後輩だったことに気が付く。そして、自分の姉と謎の男が愛し合う姿も見ていたことを思い出してしまう。
そしてそのことを、人に口外してしまったことまで思いだしてしまうのだった。

ネタバレと結末

オ・デスが口外したことによって、姉は自殺してしまった。
謎の男は、姉を失ったことに悲しみオ・デスに復讐することを誓い、15年の間監禁していたのだった。
そして決定的な悲しみはそれだけではありませんでした。すし屋の女はなんとオ・デスの娘なのでした。
自分の気が済んだ謎の男は去って、自殺した。
そしてオ・デスとすし屋の女は、再び記憶を消す催眠術をかけられてしまいます。オ・デスと娘は人里離れた村で抱き合いながら終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました