オーディション/あらすじとネタバレと感想

オーディション 2000年の邦画

オーディションの概要

制作:2000年 日本
監督:三池崇史
出演:石橋凌、椎名英姫、沢木哲、國村隼、石橋蓮司、他

オーディションの見どころ

村上龍の小説「オーディション」を三池崇史がホラー映画化。
日本での評価よりも海外の評価の方が高いという異例な作品である。
映画のオーディションに来たこの中から再婚相手を探そうとたくらんだ中年男の恐怖の話。
キャッチコピーは「キリキリキリ……恐いでしょう?」

オーディションのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

青山はビデオ制作会社を経営しています。青山は七年前に妻を亡くし、通いの家政婦の手を借りながらも一人息子と暮らしていました。
妻への思いも落ち着いたころ、息子に再婚を進められます。
青山の自宅は世田谷にある一軒家で、とても立派でビーグルを飼っています。息子も母が居ないけれどもすくすくと育っていました。
ガールフレンドができた息子は、父にも幸せになって欲しいと感じたのです。
話はなかったわけではありませんでしたが、青山は妻の死後初めて再婚を考え始めました。
飲み友達に話をすると大いに喜び、今度のラブロマンスの主役を募集し、オーディションに来たこの中から選ぼうという事に。
多くの履歴書が送られてきましたが、ふいに麻美の履歴書が目に留まります。実際に面接してみると青山はどんどん麻美に惹かれていきます。
しかし麻美の周りにはちょっと引っかかる謎が多くありました。心配した飲み友達は麻美に質問しますが、青山は気になりません。息子にも麻美の話をして青山はすっかり有頂天です。
麻美にプロポーズしようとデートし、体を重ねますが麻美は「私だけを愛してくれ」と言います。なんら不思議な言葉ではありませんでした。
しかしそのまま眠る青山をそのままにホテルのフロントから「連れの人が帰りました」と連絡が入る。
そのまま麻美は消えてしまったのです。
麻美のこれまでの足取りを辿る青山ですが、関わった人がすべて大けがしたり死んだりしています。

ネタバレと結末

ある日青山の家に不審者が入り込みます。青山のお酒に薬を盛ろうとした時に留守番電話にメッセージが入ります。息子から今夜は帰らないという知らせです。
そして青山が帰宅し、そのままお酒を飲み気絶するように倒れます。
そこに出てきたのは麻美です。隠れていたクローゼットには青山の犬の死体もありました。
ビニールシートの上に青山を乗せて手際よくバッグから道具を出します。昔から麻美は男の人の嗜虐心をあおるオーラが出ていたのです。そのため、関わった人に暴力を受けていたのです。
痛みだけが真実ということを知った麻美は青山にも施そうとします。
逃げられないようにして、エサだけ与えたり束縛してこそ愛を感じられるのです。そして麻美は青山の体を分解しだします。
そこに息子が帰ってきて、麻美と格闘し、息子は警察に電話をします。動けない青山と麻美は向き合っています。麻美はこれまで青山が発した言葉を不気味にリピートするのでした・・・。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました