最低。/あらすじとネタバレと感想

最低。 2017年の邦画

最低。の概要

制作:2017年 日本
監督:瀬々敬久
出演:森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈、忍成修吾、江口のりこ、他

最低。の見どころ

AV女優である紗倉まなが2016年に小説家としてデビューした作品「最低。」を瀬々敬久監督が映画化。
映画のテーマはAV女優とその家族の関係。短編3本を一本の映画にした。
話題の小説と映画であることから、一度は見ておきたい映画である。

最低。のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

◎アラサー主婦の美穂。結婚してから子供が欲しいと伝えているのに、旦那に微妙に避けられている気がする。
旦那の要望で寝室も別にしました。ある日のこと、旦那が寝ている部屋に入っていくと、パソコンに設置されたAVを発見してしまいました。
〇田舎の高校生あやこ。あやこには父がおらず、母も酒やたばこにまみれ、家出を繰り返しています。あやこは母の母、つまりは祖母の家で祖母が経営する飲食店で働いています。
クラスの男の子から突然「母親の事は気にするな」とメールが来ます。外を見ると、その男の子が居ました。新聞配達ついでだろうけど、あやこは気持ちが悪くなりカーテンを閉めます。
●AV女優の彩乃。家族とは馬が合わず、なりゆきでこの世界に入りましたが、この世界が好きな訳でもなんでもありませんでした。
ですが、東京の生活には満足しています。
その日も激しすぎる撮影を終えた彩乃に電話が鳴ります。電話の相手は母からでした。
「あなた、今、何の仕事してるの?」と言われた時に、ばれたと思い電話を切ってしまいます。
その日、彩乃は一人で来たこともないバーに入ります。
日比野という男と知り合い一夜を過ごします。日比野が会社に行った後、彩乃は日比野を追いかけます。

ネタバレと結末

〇あやこが学校へ行くとあやこの書いた絵がコンクールで賞を受賞していました。
そして新聞配達の男子から再度、お前の母さんはAV女優というメールが来ます。
祖母の店の片づけをしていると、電話が鳴り父が死んだという知らせでした。見知らぬ男性の死体を前にあやこはよくわからない感情が沸き起こります。その父は美穂の父です。
◎美穂は病室で父親の看病をしています。
その時、美穂の電話が鳴ります。実は美穂はAV女優に応募しており、合格したのです。
しかし美穂は撮影中に父が亡くなってしまいます。
かけつけると、みんなは到着していました。そして妹が妊娠を告げるのです。しかし、愛人の子でありおろしたいが父の生まれ変わりだと思うとおろせないといいます。パニックになった美穂は家に帰り、夫に今から抱けと言います。そして終わった後に今日、自分はAVの撮影をして来たことを告げると夫もパニックになってしまいます。それでも通夜をしていると、今度は父の隠し子がやってきます。
●彩乃が帰ると、母と妹が。電話に出ない彩乃を問い詰めようと待っていました。
罵倒する母をそのままに彩乃は撮影に向かいます。が、倒れてしまいます。過度な疲労と貧血でした。
母とのわだかまりを解消した彩乃は、今度は日比野とのわだかまりを解こうと決心します。
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました