蝉しぐれ/あらすじとネタバレと感想

蝉しぐれ 2005年の邦画

蝉しぐれの概要

制作:2005年 日本
監督:黒土三男
出演:市川染五郎、木村佳乃、ふかわりょう、今田耕司、原田美枝子、他

蝉しぐれの見どころ

藤沢周平の長編小説を黒土三男監督が映画化。
監督が15年かけて構想し映画化された作品。
主演は市川染五郎。
下級武士と父、そして幼馴染との恋ごころなどを鮮明に綴っています。

蝉しぐれのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

牧文四郎は海坂藩の下級武士、牧助左衛門の息子として生まれます。
15歳になった文四郎は隣に住む幼馴染ふくの事を好きでした。そしてふくも文四郎の事が好きでした。
助左衛門が城の世継ぎ問題に巻き込まれ、切腹の命令が出てしまいます。
文四郎は蝉しぐれの中、父の死体を荷車に載せて帰りました。
助左衛門は死に、残された家族も罪人の家族として扱われ、給料も減らされてしまいました。母と長屋での貧乏暮らしが始まります。
その頃ふくが、藩主の正室に決まり、江戸に行ってしまいました。
数年が経過し、父の濡れ衣を里村によって晴らすことができ、給料も元に戻りました。

文四郎は村回りの職に就かせてもらい、剣の腕も上がり秘剣村雨を伝授されるほどになっていました。
文四郎は江戸から帰ってきた友人にふくのことを聞きます。ふくは藩主に見初められて側室になり、出産して欅御殿という所に身を隠しているということでした。
文四郎はふくの住む世界とは全く違っていることを感じます。

里村は文四郎にふくの次の子供をさらって来いと命じます。文四郎は罠にかけられると思いながらも断ることができませんでした。
文四郎は友人たちと数年ぶりにふくの所に行き再会します。文四郎たちはふくと子供を救おうと欅御殿から脱出することを伝えます。そこに里村が仕掛けた刺客がきて文四郎と友人が倒しました。
文四郎はふくとその子を連れて家老の横山家に身を隠します。
藩主の息子とふくを救った文四郎は手柄を評価されて、給料が増えるのでした。里村の一派は粛清され、文四郎は切腹させられた父の無念をようやく晴らすことができるのでした。

ネタバレと結末

それからさらに数年たち、藩主が亡くなりました。
そしてふくは藩主の死をきっかけに尼になる決意をします。そして文四郎に手紙を書きます。
尼に出家する前に文四郎に会いたいというものでした。
そうして文四郎とふくは再会し、やってきた文四郎に向けてふくは私と結婚して私の子が文四郎様との子だという選択が文四郎にはなかったのかと告白します。
文四郎はその選択ができなかったのは障害の悔いだとふくに告げ、ふたりは初めてお互いの気持ちを確かめ合うのでした。
そうして文四郎とふくはお互いを思いながらも、別々の道を歩んでいくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました