戦国自衛隊1549/あらすじとネタバレと感想

戦国自衛隊1549 2005年の邦画

戦国自衛隊1549の概要

制作:2005年 日本
監督:手塚昌明
出演:江口洋介、鈴木京香、鹿賀丈史、北村一輝、綾瀬はるか、他

戦国自衛隊1549の見どころ

原案は半村良、原作は福井晴敏、『戦国自衛隊1549』を手塚昌明監督が映画化。
昭和54年の戦国自衛隊リメイク的位置にあるがあまりつながりはない。
主演は江口洋介。
キャッチコピーは「消滅するのは、歴史か?俺たちか?」
戦国時代にタイムスリップしてしまういう物語である。

戦国自衛隊1549のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

2003年。陸上自衛隊東富士駐屯地では人口磁場発生装置の実験をしていました。
すると嵐がおこってしまい、第3特別実験中隊が消えてしまいました。
装甲車やヘリコプターや人だけでなく地面すら消えていたのです。
タイムスリップした的場1佐たちは、目が覚めると野原に居ました。呆然としていると矢が飛んできて自衛隊員が亡くなってしまいます。矢を撃ったのは戦国武士たちでした。
三日後陸上自衛隊東富士駐屯地に再び嵐が起り、消えた地面と一緒に一人の戦国武士が現代にやってきました。
二年後、元自衛隊員の鹿島勇祐はレストランの店長をしています。そこへ自衛隊が二人やってきて、2年前に過去へ飛ばされた的場1佐率いる第3特別実験中隊たちを助けたいので手を貸してくれというのでした。
鹿島が選ばれた理由は鹿島が過去に的場の特殊部隊に居たからです。
的場たちが過去に行ったことで、過去を変え、巨大ホールが各地にできて今現在を吸い込んでいると言われます。鹿島は行くことにし、入れ違いで戦国時代からやってきた七兵衛たちと共に1549年へとタイムスリップするのでした。
戦国時代に着いた鹿島たちは戦国武士たちが銃器を持って襲ってきたことに驚きます。
与田たちはすぐに見つかりました。城に連れて行かれると城の横では石油精製所まであります。
七兵衛は斉藤道三にこれまでの説明をします。的場は織田信長に成り代わっていました。
的場は歴史を変えることに張り切っていて核兵器並みの爆弾を見せ、富士山を爆発させるといいます。

ネタバレと結末

的場は鹿島に七兵衛と刀で戦って勝てば鹿島を帰してやると言い戦います。
が、馬鹿らしくなり戦いを辞めてしまいますが斉藤や的場が怒り、皆殺しにしてやる!と言いだしました。
織田信長や、木下藤吉郎(豊臣秀吉)が実際に居たことで鹿島たちは歴史を元に戻そうとします。
朝廷に「織田信長討伐」の命令を出させ、鹿島は的場を倒します。
城と原油精製施設を原状復帰できないくらい壊した後、タイムリミットギリギリで現代に帰ってきます。
戦国時代で苦労はしたものの、鹿島は神崎に、歴史を元に戻しただけだというのでした。

戦国自衛隊1549のみんなの感想

ネタバレなし

娯楽映画として楽しく見ることができる。主演の江口洋介のだらしない居酒屋店長と切れ者の自衛官の演技も良く、「歴史の歪みで世界が危機」という状況と「それでも日常は続くかも」という状況のデフォルメを表現しているようで、楽しい。役者さんの演技にも注目。過去に行った自衛官たちがそれぞれどんな選択をするのか?歴史上の人物はそれにどう応えるのか?も見どころの一つ。歴史好きにも良い。(40代男性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました