恋人たち/あらすじとネタバレと感想

恋人たちの概要

制作:2015年 日本
監督:橋口亮輔
出演:篠原篤、成嶋瞳子、池田良、他

恋人たちの見どころ

橋口亮輔監督の7年ぶりの脚本、監督映画「恋人たち」。
主演の三人はワークショップで見出した無名の俳優を選び、丁寧に作り上げた作品。数多くの賞を受賞したことから、さらに監督の名が有名になったことでも脚光を浴びた。
疲れた主婦、同性愛の弁護士、妻を殺された夫という三人を描く。

恋人たちのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

橋梁点検の仕事をしているアツシは、三年前に妻を通り魔に殺された。
訴訟を起こそうとするも、精神鑑定の末に措置入院されている犯人に不都合な判決が下りてしまい、弁護士四ノ宮がいい返事をせず、妻を殺されただけなのにアツシの生活まで殺されそうな勢いで生活に困ってきている。
四ノ宮を紹介した知人からは「海外ででも生活して見ろ」と自慢話までされてますます落ち込んでしまう。
アツシは無断欠席を続け、社長が家に行くとアツシは容疑者に殺意すら持っていることを実感する。
社長は人を殺すと、こうして話もできないことを話し、アツシを諭します。
一方弁当屋でパートする主婦瞳子は、無関心の夫と姑との生活を無機質に続けています。
ある日、弁当屋の取引先の肉屋から知り合いのスナックを紹介されていくと、怪しい水を売りつけられます。そしてその水を持ってきた肉屋と肉体関係になり、ついには養鶏場に連れて行かれ出資して欲しいと頼まれます。つまらない毎日から抜け出せると思った瞳子は、スーツケースに荷物を入れて肉屋の家に飛び込みますが、その時肉屋は覚せい剤を打っていたのでした。
瞳子は姑から企業出資の話はウソであることを告げられます。
一方弁護士の四ノ宮は夫を訴えようとしている女子アナの話を聞きます。しかし帰りに誰かに背中を押されて骨折してしまいます。
入院している四ノ宮に旧友聡が家族と見舞いに来ます。四ノ宮は同性愛者であり、聡の事を好きでした。弁護士として独立しようと思っている四ノ宮は、聡(不動産勤務)に物件を探してもらいます。
しかし聡は四ノ宮から距離を置こうとします。理由を問い詰めると、聡の息子に四ノ宮がいたずらしたと聡の妻が言っているというのです。聡は四ノ宮の言い訳すら聞きませんでした。

ネタバレと結末

家に帰った瞳子はニュースを見ると、肉屋とスナックのママが詐欺で捕まったと出ていました。諦めてこの家で暮らしていく決意をする瞳子。
そして女子アナは夫からの愛が解ったと言われ、四ノ宮が涙してしまう。
女子アナは勘違いして四ノ宮にお礼を言う。
そしてアツシは、自暴自棄になりながら不安定な日々を過ごし、妻の遺影の前で慟哭。
アツシは妻が無くなってから閉めっぱなしだったカーテンを開け、妻の遺影の横に好きだった花を置く。
その花は黄色いチューリップで花言葉は「実らぬ恋・望みのない恋」 。
前向きになったアツシは仕事の船に乗り、青い空が広がっている。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました