青い春/あらすじとネタバレと感想

青い春 2002年の邦画

青い春の概要

制作:2002年 日本
監督:豊田利晃
出演:松田龍平、新井浩文、高岡蒼佑、大柴裕介、他

青い春の見どころ

松本大洋の「青い春」の収録された漫画を豊田利晃監督が実写化。
松田龍平、新井浩文、高岡蒼佑、大柴裕介などを起用し、第二次ヤンキーブームに乗って長く愛されている作品である。

青い春のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

不良たちが集まる男子校、朝日高校では新三年生になる仲間が屋上に集まっていました。
屋上の手すりの向こう側に立ち、何度手を叩けるかというベランダゲームです。手を連続して叩いたらベランダに捕まるというルールです。
ベランダゲームでより多く手を叩けた奴が、学校を仕切ることができ、失敗すれば背中から校庭に落ちてしまうという危険なゲームです。
その時8回の記録を出した九條が成功者として収まりましたが、九條は別にしきりたい訳ではありませんでした。
一学期が始まり、そろそろ進路の事を考えないといけないのですが、九條の周りは「世界平和」「進学できない」など希望がありません。
そんな時九條の仲間たちがトイレで喫煙している時に、刺されて死んでしまいます。刺した後は、階段でギターを弾いていましたが警察に捕まります。
そのころ、ベランダゲームは学校中に広がり、二年生が7回手を叩いたとの知らせが入ります。
九條は二年生との一騎打ちに臨み、9つまで手を叩いた時に二年生は手を滑らせてしまいますが、九條が助けます。二年生の事を締め上げる三年生ですが九條は興味がないので帰ります。その九條の態度を気に入らない三年生は九條に激怒。
その後九條と仲直りしようと試みるが、九條は冷たくあしらい、その姿を見た三年生の青木は学校中から馬鹿にされてしまいます。青木の中で何かが超えてしまいました。
青木は恰好だけでなく、後輩を従えて学校を闊歩するようになりました。そして九條に「お前にはできないことをしてやる」と言ってのけるのでした。

ネタバレと結末

夜中に学校の屋上に来た青木は、「夢はパイロットでした」と言い、夜が明けるまで屋上で立ちすくんでいました。
朝になり、九條が登校すると校舎が真っ黒に。そして屋上には一人でベランダゲームをする青木が居ました。
「お前にはできないことをしてやる」と言われていた九條は、嫌な予感がし、急いで屋上に駆け付けます。
九條は昔、転校生でした。そんな自分に声をかけてくれた青木のことがずっと好きなのです。
そして急いで屋上に上がると、青木は13まで数えた後からだがゆっくりと後ろから落ちていきました。
九條は落ちてしまった青木と、青木が書いた人型の影を見つめながら映画が終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました