亡国のイージス/あらすじとネタバレと感想

亡国のイージス 2005年の邦画

亡国のイージスの概要

制作:2005年 日本
監督:阪本順治
出演:真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一、勝地涼、他

亡国のイージスの見どころ

福井晴敏の小説を阪本順治監督が映画化。
主演は真田広之。
海外のテロリストにより東京都民を人質に取られた、海上自衛隊のイージス艦の乗組員たちの奮闘物語である。

亡国のイージスのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

防衛大学生の宮津隆史は自分のサイトに亡国の盾という論文を載せました。
しかし載せた直後に謎の死を遂げてしまいます。
宮津隆史の父でもある海上自衛隊護衛艦『いそかぜ』の副艦長の宮津弘隆が息子の死を悲しんでいると、いそがぜが海上訓練中に某国のテロリストのヨンファと副艦長の宮津によって乗っ取られてしまいます。
ヨンファははじめ、海上訓練指導隊の溝口三佐と名乗っていました。そして艦長は殺されていました。
ヨンファはアメリカから東京を死滅させることのできる特殊化学兵器「GUSOH」も奪ったことを防衛庁情報局『DAIS』に報告します。
テロリストはいそかぜに載っている人々の全員に船から降りろと命令します。降りなければいそかぜを撃沈させると脅したのでした。
しかし先任伍長の仙石恒史は訓練を続けました。如月が実は某国工作員と知り、ヨンファと副艦長に引き渡すのでした。
しかし如月は二人こそがテロリストで、自分こそがDAIS(調査官)だといいます。
他にも違和感はありました。仙石は船から降りろと要求されているのに幹部たちが船を降りないことです。
そこで仙石は船から降りたふりをして、またこっそりといそかぜに舞い戻ります。
そこで仙石は実は宮津と溝口がテロリストで、如月こそDAISだったことを知ります。
テロリストの要求は
・辺野古ディストラクションの真相の公表
・自衛官候補生の死の真相の公表
・自衛官候補生の論文の、大手新聞社の紙上への全文掲載
の三つです。
いそかぜはせとしおにモールス信号を送りますがなかなかうまくいきませんでした。
政府はGUSOHに抵抗する「テルミット・プラス」を使って阻止しようとします。

ネタバレと結末

ヨンファは艦の舵を壊し、暴走させ抵抗しますが駆け付けた仙石によって止められます。
GUSOHが発動してしまうと、少しの量でも東京都が全滅してしまうくらいの威力があります。
激しい戦いの中、仙石によってGUSOHが止められます。そして仙石は手旗信号でGUSOHを止めたことを知らせてテルミット・プラスの出動も止めます。
仙石は助かりましたが、宮津は暴走するいそかぜを止めようといそかぜと一緒に沈んでいきます。
その後、仙石は自分に送られてきた絵を見て如月が無事だと確認するのでした。

亡国のイージスのみんなの感想

ネタバレなし

原作を読んで、最新のイージス艦々長の息子の事件、そのイージス艦に乗り込んだ北鮮工作員、米軍が秘密裏に開発した化学兵器を絡めた展開に相当無理があると感じましたが、本作品もその違和感を十分に感じさせてくれる物でした。
ただ、対艦ミサイルでの攻撃やそれの防御シーンなどのミサイルを中心とした現代海戦シーンはそれなりの迫力がありましたし、メインの艦内を這い回るように動きながら一人戦う叩き上げの仙石先任伍長(真田広之)の活躍はダイハードの海自版みたいで面白かったです。
盛り込み過ぎで消化不良な映画にする位ならば、もっと単純な背景に設定し直し、アクション映画にした方が更に面白くなったではないかと私は思います。(60代男性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました