百万円と苦虫女/あらすじとネタバレと感想

百万円と苦虫女の概要

制作:2008年 日本
監督:タナダユキ
出演:蒼井優、森山未來、ピエール瀧、佐々木すみ江、他

百万円と苦虫女の見どころ

さくらんの脚本を手掛けたタナダユキが、監督・脚本となって蒼井優をメインに青春ドラマを撮影。
100万円をためる旅に出る少女が、行く先でいろんなことを経験しながら毎日を過ごしていく、見ていてほっこりする映画である。

百万円と苦虫女のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

鈴子は就職浪人した21歳。
バイトでやり過ごすも、バイト先の友達にそそのかされルームシェアを決意する。
しかし土壇場で、友達は彼氏も一緒に住むことを告げられるが、引っ越し当日に別れてしまう。
友達は住まないが、結局鈴子は友達の元彼氏と一緒に住むことになってしまった。
そこで男女が一緒に住むならいい仲になりそうなものだが、二人の仲は険悪で、ある日鈴子が拾ってきた子猫を勝手に捨ててしまった事から怒りが爆発。その男の荷物を全部捨ててしまった上で自分も家を出たのだった。
しかしその荷物の中には100万円があったといわれ、警察に通報されてしまう。
刑事は「二人の間に肉体関係があれば民事」というが、鈴子はなかったと正直に言い、刑事事件に。
拘置所に収監され、前科者となってしまった鈴子は中学受験をする弟から責められます。
コールセンターのバイトをしながら100万円をめざします。家に居場所がないことから、行く先で100万円たまったら違う場所に行ってまた100万円をためることを決意します。
そして100万円溜まった鈴子は、海の家で働き始めます。アプローチされるものの他人と距離を置きたい鈴子はまた引っ越していきます。
次に働いたのは桃農家。住み込みで働いて、農家から絶賛を受けるが無神経な長男に付きまとわれてしまう。途中で桃娘として売り出したい旨を伝えられるが、「自分は前科者である」と告げると雰囲気が悪くなり途中でやめてしまう。
次はホームセンターで働き始めます。
同僚の男に気に入られますが、鈴子は前科者であることを告白します。
しかしひるまず二人は男女の仲に。しばらくするとその男が新しく入ってきた女の子に夢中になります。鈴子への態度もそっけなくなってくるのでした。

ネタバレと結末

ある日男が鈴子に5万円貸してくれときます。
はじめは鈴子も貸しますが、そのうちにエスカレートしてしまう。あげくに女の子とお茶している男にばったり出くわせてしまうが、そこでも男は「お金貸して」と平然と言います。
ついに金目当てだと悟った鈴子は問い詰めますがはっきりしません。
そこへ弟から手紙が。いじめられていた弟は仕返ししてけがを負わせてしまったので、児童相談所に行った事。中学受験はしないこと。鈴子は前を向いて歩こうと決意します。
出ていくときに男に「100万たまったら出ていってしまうから邪魔をした」胸を伝えますが、すれ違いは元には戻らないのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました