腑抜けども、悲しみの愛を見せろ/あらすじとネタバレと感想

腑抜けども、悲しみの愛を見せろの概要

制作:2007年 日本
監督:吉田大八
出演:佐藤江梨子、佐津川愛美、永作博美、永瀬正敏、他

腑抜けども、悲しみの愛を見せろの見どころ

劇団、本谷有希子の作品「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」から小説、映画化。「紙の月」などを手掛けた吉田大八監督のデビュー作である。
映画の中で出てくるホラーまんがはホラー漫画家の呪みちるのものであり、他にもどこを見ても非常にクオリティが高い。
佐藤江梨子の素晴らしい肉体美を見せつけ、話題になった作品である。

腑抜けども、悲しみの愛を見せろのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

田舎町で夫婦がトラックに引かれて即死してしまいます。
その悲惨な現場を目撃してしまった娘清深。そこへ姉の澄伽(佐藤江梨子)が帰ってくることを聞かされて倒れてしまいます。
しかし澄伽は帰ってきてタクシー代をせびります。
・・・澄伽は四年前に上京して女優になりたいと田舎を出て行っていたのです。反対した家族に刃物を振り回している風景も清深はしっかりと覚えています。澄伽は上京資金として体を売っていました。そのことを題材として清深はまんがを書き、それが入選し雑誌に出てしまったのです。
村人はすぐに澄伽だとわかり、あざ笑います。清深は謝りますが女優になれないのも全部、清深のせいにされてしまいます。
澄伽はこれまで東京での生活費を親に払ってもらっていたため、死んでしまったので生活費が貰えません。
家族を責め立てますが、実は澄伽は東京からも逃げてきていたのです。
演技も下手なのにやる気が感じられない事務所からも見捨てられていたのです。
その上澄伽は借金があり、実家まで追ってきます。
・・・澄伽は兄(実は母の連れ後)の、宍道とも昔から関係があり宍道に生活費を頼みます。
宍道は反対できず仕送りを約束してしまうのです。しかし田舎でプラプラしている澄伽は、映画監督にファンレターと共に自分をアピールしていました。
すると今度の映画に出てくれという返事が来て舞い上がります。そこへまた再び、清深が澄伽をネタに漫画にしてしまうのです。

ネタバレと結末

澄伽は昔体を売っていた男に80回100万というスタンプカードを作り行為に及ぼうとしますが、そこへ借金取りが来て金だけ奪い取られてしまいます。
今度は兄に関係を迫りますが、兄の後妻はまだ兄と関係を持っておらず悩んでいたところに澄伽と兄の関係を知ってしまいます。
思い切って兄嫁は自分も関係を迫りますが、姉妹と兄嫁の間に立った兄は疲れて自殺してしまいます。
清深の漫画は完成し、賞金100万円をもらいます。自分が上京するという清深のことを澄伽が激怒。
清深は澄伽への監督からの手紙がないことを指摘し、実は自分が返信していたことを暴露。
怒り狂う澄伽を無視し、バスで逃げようとするも追いかけてこられて乱闘。バカ女と罵倒すると私を漫画のネタにするなら、最後まで見届けなさいという答えが。
結局二人で上京するのだが、最後に澄伽を書いたスケッチは優しいタッチで締めくくられるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました