トリック劇場版 ラストステージ/あらすじとネタバレと感想

トリック劇場版 ラストステージの概要

制作:2014年 日本
監督:堤幸彦
出演:仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、野際陽子、他

トリック劇場版 ラストステージの見どころ

大人気ドラマトリックの劇場版4作目。そして完結編であるトリック劇場版 ラストステージ。
テレビ朝日開局55周年記念作品として前作から三年半空いたが、本当に最後のトリックとなる。
キャッチコピーは「トリックシリーズ14年間の集大成!本当に最後です!」であり、普通に復活してそうなファンをショックに落とし、完全な最終回となった。

トリック劇場版 ラストステージのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

まずいつものように上田が相談を受ける。
今回は村上商事が進めているレアアース採掘のために、海外に土地を買ったが呪術師により採掘の邪魔をされているという。現地で信じられているボノイズンミという宗教で、さすがの上田も一人で行くわけにはいかなかった。そこで上田は山田に「無料で海外旅行に行ける」ともちかけ、呪術師の事は伏せた。
上田は莫大な研究費が山田にばれないようにそこは黙って連れて行きます。
しかし着くなり、説明している男が呪われているといい、二人の前で変死してしまいます。
スンガイ共和国で、船で川を上っていくときに上田自身にも発疹が出てしまい、上田はびびります。命が危ないが呪術師なら治せるというので二人は仕方なしに呪術師の元へ。
すると不思議なことにすぐに治ってしまう。そこで発掘のために来ていた上田たちのグループでいさかいがあり、殺人事件に。しかし呪術師がさも殺人犯を発見したように見せかけ、山田は不振に思うも暴けないでいた。次々に不思議な事件が起こり、やがて山田はトリックを全てお見通しする。

ネタバレと結末

実は呪術師は採掘現場にはガスが充満していて、そのうちに爆発してしまうことを知っていて上田たちを止めていたのだった。地上に近い所で爆発を起こしてしまうと、村人たちが皆死んでしまう。だからこそ呪術師は地底の深い所で爆発させ、皆を救おうとしていたのだった。
それに気が付いた山田と上田は、このトリックの謎が解明できた時である。
そして呪術師は傷が原因で悪化して死んでしまったのです。
地底の深い所で引火させるのは、私がやると山田が言いだし、上田はみんなを逃がします。戸惑う上田に山田は「もし、死後の世界が存在していれば、1年後に連絡方法を見つけ、必ず連絡するからその時は、寿司と餃子を死ぬほど奢ってくれ。」といい、爆発に巻き込まれた山田は姿を消してしまう。
その後上田は上田は科学賞授賞し、賞金を「本物の霊能力者に譲る」と宣伝すると全国から自称霊能力者がやってくる。
その後、記憶を無くした山田が賞金目当てにやってき、山田がこれまでのチャチなマジックを上田に披露してエンドロール。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました