ローレライ/あらすじとネタバレと感想

ローレライ 2005年の邦画

ローレライの概要

制作:2005年 日本
監督:樋口真嗣
出演:役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、石黒賢、他

ローレライの見どころ

福井晴敏の小説終戦のローレライを「ローレライ」として樋口真嗣監督が映画化。
第二次世界大戦中、三発目の原爆が東京に落とされた後、潜水艦とローレライが日本の最後の希望となる物語である。
主演は役所広司。

ローレライのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

第二次世界大戦の末期、広島にも原爆が落とされ日本は圧倒的に不利でした。
日本海軍の艦長の絹見はドイツ製の最新式潜水艦「伊507」の艦長に任命されます。そしてその任務は原爆輸送機を撃墜なのでした。伊507には寄せ集めの兵士が集められ、科学者の高須も搭乗していました。
唯一高須は超高感度索敵ソナー「ローレライ」の存在を知るものでしたが誰にも口を割りませんでした。
そんな中伊507は日本を出発します。すると、若き搭乗員の折笠がローレライに侵入してしまいました。
そこにいた一人の美しい女性を見た瞬間にアメリカの潜水艦が襲来してきます。絹見はこの機会にと折笠にローレライの操縦を任せます。女性は特殊スーツを着用し、そのスーツがローレライと繋がっていたのでした。
そして出撃したローレライ。驚くほど的確に相手の位置を伝えていきます。国見たちは迎撃したものの沈没はしませんでしたが2機の撃破ができました。しかしそのとたん女性は悲鳴を上げて気絶してしまうのでした。
ローレライとは人間の潜在能力を引き出し、絶妙バランスで驚異的な索敵能力を発揮しているのでした。そしてそれはナチスドイツの技術でもありました。索敵能力があるということは迎撃された方の苦痛も感じ取ってしまうというやっかいなもの。それでも日本はローレライを使う他ありませんでした。
疲れて眠ってしまう女性を見ながら船員たちは複雑な心中でした。
女性と船員たちは毎日一緒に居るうちに心を開き始めます。女性の名はパウラでドイツと日本のハーフでした。

ネタバレと結末

その頃長崎に原爆が落とされ、パウラは気絶してしまいます。
アメリカに攻撃しようとした船員たちが高須と何人かの船員が伊507を乗っ取ります。ローレライをアメリカに引き渡すのが本来の目的なのでした。
そして次の原爆投下は東京。時間はあと15時間と迫っていました。
アメリカ軍は伊507に傷をつけるとローレライが乗っているので、攻撃してきませんでした。
そして伊507は原爆の乗った原爆輸送機を攻撃します。伊507はアメリカ軍の一斉砲撃されますが艦内にはパウラの歌声が響いていました。その声はアメリカ軍の兵士エリックも聞いていました。
・・・時は経ち、老人になったエリックを日本人作家が訪ねます。作家がパウラの写真を見せ、エリックは驚きます。エリックにこの少女を守るために太平洋艦隊を敵に回したのかと聞かれて作家は未来も守った。と言います。作家は彼らのその後を知るものはいないが、彼らは守り切ったということだと思うのでした。

ローレライのみんなの感想

ネタバレなし

大好きな潜水艦物だったので観はしましたが、何が何だか分からないままエンドロールになってしまいました。
有り得ない武器を搭載した、有り得ない性能のイ号潜水艦が困難を経て原爆投下の阻止お行う、怪獣映画みたいな流れの映画でした。
特撮が陳腐なのが寂しさを誘う上に、雨と降り来る弾丸が当たらず前進し本懐を遂げる発想は、ロッキーがあんなにパンチを受けても倒れず勝利する的な物で、それならば単純な勧善懲悪物語にすべきではないでしょうか。
この作品の数年前に公開されヒットした「Uボート」、同じ潜水艦物と言うだけの括りで比較はしたくないですけど、余りに制作意図が違い残念です。(60代男性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました