誰も知らない/あらすじとネタバレと感想

誰も知らないの概要

制作:2004年 日本
監督:是枝裕和
出演:柳楽優弥、北浦愛、木村飛影、清水萌々子、YOU、他

誰も知らないの見どころ

1988年巣鴨子供置き去り事件をモチーフに是枝裕和監督が映画化。
4人の父親の違う子供と母親。出生届も出されておらず、学校にも通えない兄弟。
その後母親は子供を置いて家に帰らなくなってしまう。母親を待ちわびる子供たちが、お金もないまま暮らしていく。
ちなみに母親役にYOUを選んだのは、是枝監督がテレビを見ながら「いかにも育児放棄しそうなキャラクター」と思ったからだが、結果的に演技ではなく素に近い映像が取れて話題を呼んだ。
長男は丁度成長期もあり、撮影一年で身長が17センチも伸びたことから視聴者にも、年月を感じさせることができ、映画的には称賛されるに価され、カンヌ国際映画祭をはじめ多くの賞を受賞した作品である。

誰も知らないのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日2DKのアパートに母子がスーツケースを抱えて引っ越してくる。
大家には長期出張の夫と、長男と母親という設定で話をするが、スーツケースの中には次男、次女が入っていた。
その後、長女もこっそり家の中に入ってくる。
前の家では子供が多い事が理由で追いだされたので、母親は長男以外の外出を禁じた。実は長男を含めて出生届が出されておらず、誰一人として学校へは通っていなかった。
母親は家でドリルを与えていれば学校へは行かなくていいという考えだったが、長男長女たちは学校へ行きたかったのだ。
朝から夜まで働く母親の代わりに長男長女が家事をし、下の子の世話を。
そのうちに母親がまた好きな人ができたと、だんだんと家に帰らなくなってしまう。現金を持っては来るがそのうちに現金書留になり、やがてそれも尽きてしまう。「クリスマスまでには帰る」という母親の言葉を信じているのは下の子だけになってしまった。
それぞれの父親に助けを求めるが、それぞれに事情があり貰えるお金はわずかなものだった。家賃や光熱費を払うとすぐにお金はつきてしまう。公園の水道で洗濯をし、体を洗い、コンビニの廃棄をもらう日々。
そのころ長男は不良二人と仲良くなります。初めてできた友達に喜んでもらおうと、食費を使いゲームを買ったりしますがそのうちに不良二人は来なくなってしまいます。

ネタバレと結末

ある日公園で不登校の女の子と出会い、兄弟たちの悲惨な生活を目にした女の子は援助交際をしてお金を渡されます。援助交際のお金はもらえないと断ると、今度はピアノを買うためにお年玉を貯金していたとお金を渡されます。
このことをきっかけに立ち直ろうとしますが、ある日次女が転落してしまい動かなくなってしまったのです。母親に電話をかけますが、かわってもらう時間の間に最後の10円が尽きてしまい電話はきれてしまいます。
少女の手を借り、入れてきたスーツケースに再び次女を入れ、次女が憧れていた飛行機の近くに死体を埋めに行く。
その後も変わりなく、残りの三人で暮らしていくのでした・・・。

タイトルのみんなの感想

ネタバレなし

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)

ネタバレあり

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)