スマホを落としただけなのに/あらすじとネタバレと感想

スマホを落としただけなのにの概要

制作:2018年 日本
監督:中田秀夫
出演:北川景子、千葉雄大、バカリズム、要潤、他

スマホを落としただけなのにの見どころ

スマホを落としただけなのに、人生が狂ってしまう。
志駕晃のデビュー作「スマホを落としただけなのに」を北川景子が熱演。
あらためてスマホは個人情報の塊であり、手放しては生きていけないものだという意識が若者に高まる。
映画観客動員ランキング二位、2日間で興収2億3400万円という注目の高さだ。
ただ、スマホを落としただけなのに、巻き込まれていく事件性を取り扱ったホラー映画である。

スマホを落としただけなのにのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

大事なプレゼンのある日にエリートサラリーマン富田は、スマホをタクシーに忘れてしまう。
富田の恋人である麻美は、富田に電話し横浜のカフェに置いておいてもらうというので無事引き取りに行く。
富田はその日麻美にプロポーズするが、家族と折り合いの悪い麻美は返事を保留してしまう。
同僚はもっと心を開いた方がいいということで、昔使っていたSNSを開いて再開してみることに。
すると次々に繋がっていき、心も開いていくのだが・・・。
一方山奥では女の死体が発見され、髪の毛の一部が切り取られていました。犯人の執着を怪しむ刑事は他の遺体を探すと同じように黒髪の女が殺されていて、髪の一部が切り取られていたのです。
スマホを落としてから、トラブルや迷惑メールに悩まされていた宮田ですが、麻美にも変化がありました。
富田の同僚から執拗にメッセージが来たりして、トラブルが続くことからITに長けている男、浦野に相談してもらいます。
そのころ富田と麻美は突然再開した男に突然キスをされ、その動画を富田に送るなどの嫌がらせが続きます。

ネタバレと結末

執拗に嫌がらせが続くので麻美は再度、浦野に相談します。
しかし浦野の口から出たのは「ナミエとは誰なのか」ということでした。
その後麻美は、浦野が飲み物に一服盛ったために気を失ってしまいます。監禁されている麻美を救うために、警察と富田が来ます。
浦野は「麻美の秘密を握っている」と脅しますが、麻美は自分の口で秘密を告白しだします。
実は麻美の本当の名前は「ナミエ」であり、整形し成りすましていたのです。
麻美とナミエはルームメイトであり、麻美はナミエの名前で闇金で借金し、ナミエは男に弄ばれて子供をおろしたばかりでした。
うまくいかない人生に、ついに麻美がナミエの保険証をもって自殺します。
そしてナミエは麻美に成りすましているために、プロポーズも受け入れられなかったことを告白します。
その後、富田は新しい戸籍で新しい人生を歩んでいこうと改めてプロポーズするのでした。

スマホを落としただけなのにのみんなの感想

ネタバレなし

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)

ネタバレあり

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)