ALWAYS 三丁目の夕日/あらすじとネタバレと感想

ALWAYS 三丁目の夕日 2005年の邦画

ALWAYS 三丁目の夕日の概要

制作:2005年 日本
監督:山崎貴
出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、三浦友和、他

ALWAYS 三丁目の夕日の見どころ

西岸良平の漫画『三丁目の夕日』を山崎貴監督が映画化。
主演は吉岡秀隆。東京の下町で暮らす三丁目の人々を親子の視点で綴ります。

ALWAYS 三丁目の夕日のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

昭和33年の東京では高度経済成長期真っ最中で、建設中の東京タワーを見ながら夕日町三丁目では活気あふれる毎日を送っていました。
春になると集団就職で青森から星野六子が来て、鈴木オートに就職が決まりました。
六子は東京の会社というだけで、大きな会社だと思って胸を膨らませていましたが、駅まで迎えに来たのは社長の鈴木則文がオート三輪でちょっとがっかりでした。
でも則文はちょっと短期ですが、すごく情に厚い下町っ子なのでした。そして妻のトモエに迎えられ、住み込みで働き始めます。夫婦には小4の息子一平がいました。六子にもすぐになつきました。
しかし自転車修理が得意だという六子に則文は自動車修理だと思っていたことが判明します。それでも六子は鈴木家になじんでいくのでした。
鈴木オートの向かいに住む、茶川竜之介は小さな駄菓子屋をしながら売れない小説を書いていました。
東大まで出ているのに、作家の夢をあきらめきれませんでした。飲み屋のヒロミに惚れており、そんなヒロミは踊り子を辞めて居酒屋を開きます。そんなヒロミの元に前の店の支配人が子供を連れてきました。ヒロミの友達だった古行和子の息子だったのです。和子の子供は淳之介といい、父親は不在で母親が淳之介を置いて逃げたといいます。
そんな淳之介を預かってくれと言われたヒロミは茶川に預けるのでした。
はじめはとまどった茶川でしたが自分の書いている小学生向けの小説の作家だと知り、淳之介と打ち解けていきます。
そのころ、まだあまり普及されてなかったテレビが鈴木家に来ます。
力道山の試合の日には沢山の人が鈴木家に集まりました。もちろん茶川も行きますが、テレビが映らなくなり茶川が東大でだから自分が直すといいテレビを分解しだし、治らなくなってしまいます。

ネタバレと結末

その後すぐ六子がおなかを壊します。
実は鈴木家には冷蔵庫がなく、こっそり古いシュークリームを食べたのが原因でした。
その頃、淳之介は母親が恋しくなっていましたが、クリスマスの夜に茶川がプレゼントを置いておきました。
皆にもクリスマスがやってきました。
茶川はヒロミにプロポーズします。嬉しいと思いながらも父の借金を返すためにヒロミはまた踊り子になっていたのでした。
茶川にさらなる衝撃が走ります。淳之介が大手会社社長の息子であり、父が淳之介を引き取りに来たのでした。茶川は思い悩んで淳之介を渡します。が二人とも離れられず結局茶川と暮らします。
六子は、クリスマスプレゼントである青森への往復チケットで青森に帰ります。鈴木家が見送りに行き、そこには完成された東京タワーが見えているのでした。

ALWAYS 三丁目の夕日のみんなの感想

ネタバレなし

この映画をみると、古き良き日本というものを感じます。地域に囲まれて成長する子どもたち、互いに支え合いながら生きていく人々を様子から、心がほっこりするような気分になります。私が生まれていなかった時代の物語ですが、なんだか故郷に帰ったような懐かしい気持ちになります。見終わったあとは、自然と笑みがこぼれて人間ってすばらしいなと思えます。一人ではなくて家族でみてほしい映画です。(20代男性)
日本映画界でVFXを使わせたら右に出るものはいない山崎監督の作品ですが、とくにどこかファンタジーめいた懐かしい質感をCGで再現させることに関しては日本屈指だと感じました。
東京タワーが建造中の1950年代の街並みを忠実に再現しており、そこで暮らす人々の生活や日々の様子がコミカルに描かれていて、幅広い世代が楽しめる普遍的な映画のお手本のような作品だと思いました。
派手なストーリー展開はありませんが、それぞれキャラが立っているため、シリーズものとして長く愛される作品になったら面白いと思います。(30代男性)
終始ノスタルジックな気持ちに浸ることができたし、とても心が温まる映画です。俳優さん達の演技がすばらしかったし、どの登場人物もユーモアがあって人情味を感じさせてくれました。笑えるシーンもたくさんありました。今の日本みたいな豊かさはないけれど、明るく前向きに生きているかつての日本人の姿が丁寧に描かれていてよかったです。人の優しさにとても感動したし、この時代に憧れを抱きました。(30代女性)
私が生まれる前の、昭和の普通の生活風景がこんなに美しいのかと思わせてくれる作品です。
私が生まれてからの昭和も脚付きのブラウン管テレビだから、何だか懐かしい。
下宿とか、出稼ぎも多かったあの時代の人情や些細な事でも近所と関わり合う姿は昭和そのものの素敵な風景です。ああいう時代はもう戻ってこないので余計に懐かしいのかもしれないですね。
モータースと茶川の喧嘩も面白いし、昔はああいう近所に迷惑かけるくらい大げんかしたものです。(40代女性)
この映画は三部作で、すべて見ましたが、やはり最初のこれが一番だと思います。
私は昭和40年代生まれなので、その当時のことはリアルに経験していませんが、戦後まだ間もない日本の、貧しいながらも夢と希望に満ちたあふれた人々の暮らしが、とても上手く表現されている映画だと思いました。俳優陣の演技もすばらしく、笑いと感動が適度にちりばめられていて、何度見ても、また見たくなる映画です。特にラストの夕焼けシーンはとても美しく、印象的でした。(50代女性)

ネタバレあり

古き良き日本の下町を映画化した、誰もが心の中で懐かしくもある人間模様。売れない作家とダンサーの恋、隣近所とのエピソード。色々な事情が重なり一緒に暮らす事に成った子供、実は売れない作家の大ファンで自身も隠れて作家を目指す。駄菓子屋をしながらの作家活動をするが、貧しくて情けなくて、つい感情的に成ってしまう主人公、隣のバイク屋も人は良いが、すぐに暴れだす。その人々の心の葛藤、そしていつも見続けている東京タワー、人を思うがあまりに出る言動、いつかの、あの日が甦ったような感動を残してくれる素晴らしい作品です。(50代男性)
この映画、涙なしには語れません。笑いの後に涙します。あったかい涙です。ふと思い出して、ああ。あの映画よかったなぁ、としみじみ思う情緒豊かなホームドラマが描かれています。
古き良き昭和の時代、今の時代にはない家族やご近所の皆さんのドタバタが描かれていて、それが本当に面白い!流行りものなんてヤダー、と思っている方にも是非見て欲しい映画です。
何と言っても売れない小説家の青年と、うっかり息子になちゃった少年とのやりとりが本当に面白い!
みんな、幸せになってね!と、エンドロールを観た後喝采を送りたくなりました。(30代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました