リングサイド・ストーリー/あらすじとネタバレと感想

リングサイド・ストーリー 2017年の邦画

リングサイド・ストーリーの概要

制作:2017年 日本
監督:武正晴
出演:佐藤江梨子、瑛太、近藤芳正、武尊、他

リングサイド・ストーリーの見どころ

売れない俳優を支える女性が格闘技に目覚め、恋人に触発されて本物のK-1選手と戦う事になる話。
主演は佐藤江梨子、瑛太。監督は二本松嘉瑞。

リングサイド・ストーリーのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

弁当屋で働いていた江ノ島カナコはある日解雇を言い渡されます。実家が近く、母が美容院をしていましたが母もそろそろ引退しようかと思っていた頃でした。そして母に言うと頼られても困ると断られました。
カナコには同棲している村上ヒデオという男がいました。ヒデオは過去には役者として輝いていたものの、今ではほぼ収入ナシの男でした。なのでカナコのお金で暮らしているというありさま。一言で言うとヒモなのでした。
カナコの就職を探そうとヒデオは自分がファンの武藤敬司のやっているプロレス団体WRESTLE-1に手紙を書き、カナコを面接に行かせます。訳も分からないまま裏方として働き始めるカナコなのでした。
その頃、ヒデオにVシネマの大役の仕事が来ますが、過去の栄光のプライドとこだわりで仕事を断ってしまいます。
カナコは毎日を忙しくしているうちにプロレスの楽しさを知って、充実した日々を送っていました。
逆にヒデオは輝いているカナコの姿を見るのが面白くありませんでした。マネージャーの百木の持ってくる仕事を厳選しては断り、という事を繰り返していました。カナコが北海道巡業に行く前日にもAVの仕事をドタキャンしてしまいます。
そして大きなカニを喜んで持って帰ったカナコに嫉妬心を爆発させてしまいます。カナコに仕事を辞めろと言い、怒ったカナコは家を飛び出してしまいます。ヒデオはそれだけでは飽き足らず、WRESTLE-1の会場にまで行って邪魔をしだします。試合は中止となり、責任を感じたカナコは仕事を辞めると言い出しました。

ネタバレと結末

梅宮健太がカナコにK-1の仕事を紹介し、新たに就職したカナコ。そしてカナコは少しでもヒデオに収入が入るようにと着ぐるみの役をやらせますがまたそこで嫉妬心から嫌がらせを始めます。
またもや仕事を辞めるというカナコにK-1の社長はヒデオにカズキと本気の勝負をしろと言いました。
ヒデオはトレーニングをはじめた所にマネージャーの百木がやってきて仕事を辞めると言い、ヒデオに捨て台詞を吐いていきました。厳しい練習でまたもやヒデオは途中で投げ出してしまいます。そこでカナコにカツを入れられます。エキシビジョンマッチ試合当日、ヒデオはタイガーマスクの仮面を被って登場し、会場を沸かせたもののあっさりと和樹にKOされてしまいます。しかしその代わりヒデオはカナコの心をつかみました。
ヒデオは打って変わってオーディションを受けまくり、振出しに戻るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました