あゝ、荒野 前篇/あらすじとネタバレと感想

あゝ、荒野 前篇 2017年の邦画

あゝ、荒野 前篇の概要

制作:2017年 日本
監督:岸善幸
出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、他

タイトルの見どころ

寺山修司の最後にして最後の小説『あゝ、荒野』を岸善幸監督が映画化。
熱烈なファンの多いこの作品を全編後編に分け、ボクシングに関しては全員がプロテストに合格するほどの特訓をして挑んだ。
主演は菅田将暉とヤン・イクチュン。

タイトルのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

2021年、少年院から出所した沢村新次(菅田将暉)は堅気ではありませんでした。歌舞伎町でラーメンを注文してから、近くのビルでは爆発が起きました。社会奉仕プログラムという制度に反発した団体が爆発を繰り広げていたのです。新次の父は自衛隊でした。しかし海外に行って帰ってきたら風呂場で首をつって死んでしまいました。
母は新次を捨て、教会の孤児院に入り、いじめられますがそこにいた少年、劉輝に救われます。新次は劉輝は高齢者を狙う詐欺をし、新宿で悪いことを重ねていきます。ある日新次と劉輝は詐欺の現場で仲間だと思っていた山本裕二らのグループに暴力を振るわれます。それで新次はナイフを持ち出して少年院に入っていたのでした。
出所した新次は昔の仲間に会いに行きますが、手切れ金を渡されます。
しかし当てにしていた仕事も、兄貴分である劉輝を半身不随残るほど暴力を振るわれた復讐に燃えていました。
もう一人同じような境遇の男、建二が居ました。建二は理容師でしたが赤面と吃音に悩まされていました。建二は自衛隊だった父と韓国人の母との間に生まれていました。母が亡くなり父と共に日本にやってきましたが、悩みは改善しませんでした。その上稼ぎは全部父が取って行き、暴力をふるう父にいつか復讐したいと考えていました。
新次はその原因なったと裕二を探していると星雲ボクシングジムに居ました。新次は復讐しようとしますが返りうちにされてしまいます。それを助けたのが健二でした。健二と新次とボクシングジムのビラ配りをしていた堀口は飲みに行きます。
堀口はボクシングの事故で片目が見えませんでした。「片目」というあだ名をつけた新次。片目は二人をボクシングジムに誘います。
住み込みOKで仕事も探してもらえると聞いて二人は悩みます。

ネタバレと結末

そして新次は女にお金を盗まれ、しぶしぶジムに来ました。健二もまた同じように父に耐えられなくなってジムに来ました。
二人の新居はプレハブでしたが、二段ベッドで仲良く暮らします。片目はボクシングするなら人を殴るなと言います。健二は今まで通り理髪店に通いながら練習します。新次は老人施設で働きながら基礎から習います。
新次と健二はプロボクサー試験に合格します。リングネームは「新宿新次」と「バリカン建二」です。
新次はお金を盗まれた芳子に再開します。誰にでも股を開く芳子にまともになってもらいたいと願います。
しかし芳子は東日本大震災に合い、生き残ったものの母を捨てて家を出ていました。さみしさからむなしい行為をつづけているのです。
プロになった二人にコーチが付きますがこれがまた鬼でした。そして迎えたデビュー戦。
リングに上がった時に宮木社長が見えました。ボクシングジムの社長です。しかしその横に居る女は新次の母でした。怒りを試合にぶつけ、新次は勝ちます。勝ち進んでいきますが、劉輝と裕二は和解していました。なんのためにボクシングしているのかわからなくなる新次。
そして強敵にぶつかりますが裕二の顔が見えた新次は怒りをぶつけます。そして次には絶対に裕二を殺してやる!と誓うのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました