容疑者 室井慎次/あらすじとネタバレと感想

容疑者 室井慎次 2005年の邦画

容疑者 室井慎次の概要

制作:2005年 日本
監督:君塚良一
出演:柳葉敏郎、田中麗奈、哀川翔、八嶋智人、吹越満、他

容疑者 室井慎次の見どころ

『踊る大捜査線』のスピンオフ映画である容疑者 室井慎次を君塚良一監督が映画化。
キャッチコピーは、「He’s black?(彼は、クロか、シロか?)」、「青島よ、約束は果たせそうにない…」、「正義に裏切られた男。/敵は犯人だけではない。」
警察官僚である室井慎次にスポットを当てた映画であり、室井が容疑者になるストーリーである。

容疑者 室井慎次のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

新宿北署の捜査本部で捜査していた室井でしたが、被疑者を取り調べ中に逃がしてしまいトラックに轢かれて死んでしまいます。
被疑者死亡で事件は終わったかのように見せかけていましたが、室井は捜査を続けるかどうか悩んでいました。死亡した犯人は警察です。警察庁と警視庁でもめてしまうからなのでした。ぼやぼやしているうちに、室井は「特別公務員暴行陵虐罪の共謀共同正犯」として警察官の母親から刑事告訴されてしまい、室井自身が容疑者となってしまうのでした。
室井は被疑者取り調べが厳しくなかったか、違法ではなかったかを問われます。

検察で現場の刑事として間違ってないことを訴えますが、信じてもらえません。おまけに今度は警察庁が責められてしまうのでした。
室井についてくれた弁護士から、警察官の母親ではなく弁護士の灰島秀樹の差し金だと知ります。
灰島は勝訴のためならなんでもするような男なのでした。彼は事務所の仲間ととも組んで室井を追い詰めていきます。
室井が捕まっているうちにも、捜査一課管理官の沖田たちは警察官の事件を追って行っています。
警察官が殺した黒木のつながり、警察官の彼女である桜井杏子なども調べていきます。
そして室井は新城のはからいもあり、釈放されますが停職処分となってしまうのでした。
室井の担当弁護士になった小原ですが、室井に対して警察が死ぬほど嫌いだと先に告げるのでした。しかし仕事はちゃんとするようでした。

ネタバレと結末

灰島は室井の過去を徹底的に調べ上げ、室井が昔に女性を殺していることを言いに来ます。
室井は大学時代に付き合っていた彼女が自殺しただけです。しかし室井のメンタルを崩すことに成功するのでした。
その後警察に匿名の告発文が届き、室井が女性を弄んで捨てたから女性が自殺したと書かれているのでした。
そして室井は元警察庁長官から辞職を促されてしまいます。
そこで頑張る小原ですが、灰原の事務所に過去の業務規程違反を指摘され、灰原事務所に移るか弁護士を辞めるかと追い詰められていました。
そして室井を助けようと仲間たちが真犯人の捜査に乗り出します。
そこで出てきたのが桜井という女性です。黒木を殺すようにとチンピラ石本に頼んでおり、石本が真犯人なのでした。神村はただ桜井をかばって黙っていただけなのでした。
そして事件は解決し、室井は首も覚悟していましたが広島県警への異動になるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました