紙の月/あらすじとネタバレと感想

紙の月 2014年の邦画

紙の月の概要

制作:2014年 日本
監督:吉田大八
出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、他

紙の月の見どころ

角田光代による小説、ドラマと大ヒットを飛ばした「紙の月」が宮沢りえ主演でサスペンス映画になって登場。
バブル崩壊直後の1994年の主婦を描いた作品で、時代背景がバブルである。
夫と二人暮らしで、何不自由ない生活をしていた主人公が、前職であるカード会社の職歴を生かし銀行の外回りのパートを始めることから少しづづ歯車が狂いだした。
夫の二年間の単身赴任の間に、若い男に貢いだ横領は1億円にもなってしまっていたのだった。

紙の月のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

子供の居ない主婦である主人公梨花(宮沢りえ)は、銀行のパートで働きだす。
真面目にコツコツとする姿勢が上司からも評判が良く、パートから契約社員にもなりとても信頼されていました。
カトリック系の学校に通っていた梨花は、貰うよりも与えるべきという考えが染みついており、過去にも父親の財布からお金を抜いてまで募金してしまった過去があります。
ある日夫に自分の給料で時計を買って渡すと、夫からは思ったような態度が無かったことにむなしさを感じてしまいます。
そんな時、夫からカルティエの時計をプレゼントされます。梨花は気持ちの問題ではなく、金額の問題と言われているようで、ショックを受けてしまいます。
そんな時に大口の顧客老人からセクハラを受けてしまい、助けてもらった孫息子、光太と付き合うようになってしまいます。
頑張っている毎日に希望が見え始めたある日、外回りから銀行に帰る時、デパートで化粧品を買う際に現金が足りず、とっさに集金袋から1万円借りて後でATMでおろして返すことを思いつきます。
全てのはじまりがこの行動であり、その後流れるように光太の借金を返し、光太は梨花が金持ちであると錯覚します。
光太は梨花がお金を差し出すと、自分が思ったような態度を取ってくれるため、普段夫のそっけない態度に不満を持っていた梨花は、光太にのめり込むまでは早かったのです。
夫が上海に2年不妊することが決まった時も、仕事を理由に梨花は付いて行きませんでした。
しかし光太は道で梨花に会っても、姉としか紹介せず、恋人と認めてもらうにはもっとお金が必要だと思いこみます。
光太はどんどん梨花に依存していき、マンションを借りさせパソコンを買わせて、勝手に大学を辞めてしまいます。

ネタバレと結末

光太は梨花にお金を返すことも無くなり、梨花に借りさせたマンションに他の女を連れ込み、梨花に別れを告げます。
そのころ、銀行では書損処理の証書がないことに気が付き、梨花が犯人だとにらんだ銀行は巨額の不正を問われます。
梨花は突然椅子でガラス窓を割って、全力で逃げ出します。
その後東南アジアで親子に青リンゴを貰いますが、その親はかつて梨花が父の財布から5万を盗んで寄付した少年なのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました