ナラタージュ/あらすじとネタバレと感想

ナラタージュ 2017年の邦画

ナラタージュの概要

制作:2017年 日本
監督:行定勲
出演:松本潤、有村架純、坂口健太郎、大西礼芳、他

ナラタージュのみどころ

松本潤と有村架純を使い、行定勲監督が映画化。
原作であるナラタージュは「この恋愛小説がすごい! 」大賞を取り、話題になった作品。
高校三年生から社会人になるまで命の恩人でもある、好きだった先生の事を思い続ける。
まだ離婚が成立していない先生に再び会うも、ダメだとわかっていながらもひかれあう二人の恋愛ドラマになりきらず、いろいろなことを考えさせられる物語。

ナラタージュのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

工藤泉(前田敦子)は映画配給会社でOLをしていました。
ある雨の日高校時代の友人に子供が生まれ、写真を送信してもらった泉は電話で感想を言って電話を切る。懐中時計を手に取り見ていると、同僚が「すごく価値のある懐中時計だ」といって止まっている秒針を動かそうとするが制止する。雨が降ると取り出して見ている事を指摘され、泉は過去を思い出す。
・・・
大学二年の夏休み、高校の時の顧問である演劇部の葉山先生から電話がかかる。
部員減少に伴い、OBに助けを求めたのである。集まったOBたちと「真夏の夜の夢」の舞台をします。
・・・
高校時代、仲の良かった子が転校してしまい、泉は孤独感を味わいます。
その上、女子からいじめにあい自殺を考えましたが、葉山の勧誘により演劇部に入り居場所と友人を見つけた経緯があります。
泉は葉山に思いを寄せ、告白してしまいますが葉山の口から出てきたのは葉山の過去でした。
実は葉山は既婚者だったのです。葉山の奥さんは気の強いお母さんと同居してたのですが、思いつめた奥さんが火をつけてしまい、さらに精神的に追い詰められた奥さんは実家に帰っています。
奥さんに何もしてやれなかった葉山はまだ籍をおいたままなのです。
結局高校生の時は葉山との進展はなかったのですが、泉は今でも葉山の事が好きなのです。
・・・
そして大学生になり、葉山の演劇部を手伝っている時に泉が風邪をひいて、葉山がお見舞いに来ます。
葉山は奥さんの執行猶予が終わったので、義理父に前に進まないかと言われたことを告げます。
泉は奥さんとは別れたのだと思っていたので、まだ籍を入れたままの葉山に怒りをぶつけ、二人の間に距離ができてしまいます。
自暴自棄になった泉は他の男と付き合い始めるのでした。

ネタバレと結末

しかし葉山も泉の事が好きで、泉の彼も泉が葉山の事を好きなのは明らかでした。
そんな時、葉山の奥さんが自殺したのです。
その夜、葉山と泉は一度だけという約束で愛し合います。
その時にもらった懐中時計の裏側には、ポルトガルと語で幸せであるようにという言葉が刻まれており、葉山の事が忘れられない泉はいつまでも大切に持ち続けているのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました