NANA/あらすじとネタバレと感想

NANA 2005年の邦画

NANAの概要

制作:2005年 日本
監督:大谷健太郎
出演:中島美嘉、宮崎あおい、成宮寛貴、松山ケンイチ、平岡祐太、他

NANAの見どころ

矢沢あいの人気漫画を大谷健太郎監督が映画化。
偶然が重なり一緒に住むことになった真逆の大崎ナナと小松奈々の夢を追う青春ストーリー。
主演は中島美嘉。

NANAのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

奈々は彼氏の章司を追いかけて東京に行きます。その電車で同じ名前のナナ(中島美嘉)と座り話をします。
同じ年の同じ名前ということで、奈々は盛り上がります。その時はそれで終わりました。
後日、不動産屋で部屋を見ていると二人は偶然また出会いました。
クールなナナと、きゃぴきゃぴの奈々は正反対ですが、二人はルームシェアをすることになりました。
そして二人が生活する部屋に、ナナのバンド仲間のノブがやってきます。ナナはブラストというバンドを結成してヤスとシンとノブとナナで活動するのでした。
一方奈々は彼氏の章司がバイト先の女の子と付き合っており、奈々はフラれることになります。
東京まで追いかけてきた奈々をナナが慰めるのでした。
奈々はナナのバンド、ブラストのライブに行きます。ライブは大盛況で奈々はそんなナナの事をカッコいいと思うのでした。
ある日奈々に郵便が届き、奈々の大好きなバンド、トラネスの最前列のチケットが当たるのでした。
ナナは微妙です。だってトラネスのメンバーのレンはナナの元彼だったからなのでした。
レンに負けないボーカリストになりたいと思い別れたナナでしたが、いまだにレンの事が好きだったからなのでした。そのことを奈々にも説明しました。
しかし奈々はめげずにナナをトラストのライブに誘います。
そして二人はトラネスのライブに行くことになったのでした。

ネタバレと結末

ライブにやってきた二人。奈々はナナに今でもレンの事が好きなのか聞いてしまいます。ナナはそのことには答えず、ライブでギターを弾いているレンを見てナナは泣いてしまいます。
奈々はそんなナナの手を優しく握るのでした。
そしてレンも最前列に居るナナに気が付きます。レンも別れたナナのことがいまだに好きだったのでした。
ヤスがうまく取り入って、再会したナナとレン。ナナは素直になれず、一度は拒否しますがレンに抱きしめられて張りつめていた線が崩れてしまい、泣いてしまいます。そしてナナとレンは再び付き合うようになりました。
数日後、何も知らない奈々が家に帰ると、家にはブラストのメンバーとレンがいました。ナナの計らいで、奈々がファンであり、大好きな一ノ瀬巧にサプライズをさせ、奈々は嬉しすぎて号泣してしまいます。
そんな奈々を見て、ナナは奈々のことを抱きしめるのでした。

NANAのみんなの感想

ネタバレなし

何度も読み返すぐらい原作のファンなのだが、独特なNANAの世界観をしっかりと現実に出来ていると思う。
ナナと奈々のキャスティングがピッタリだし、2人が一緒に暮らす部屋や、矢沢あいが描く睫毛バッサバサのメイクにパンクスファッションなど上手く再現ができている。
ストーリーも詰め込まれすぎていないので、違和感なく観る事ができる。
俳優陣の演技力はあまり高くないが、映像だけでも充分に楽しめる作品だと思う。(20代女性)
この世代に学生だった人ならほぼ全員が読んでいるであろう、少女漫画の金字塔の実写映画です。
内容は、漫画の冒頭部ほぼそのままなのですがライブシーンは普段MVを手がける監督なだけあって圧巻です。
この映画の為にhydeが中島美嘉に提供した楽曲も素敵。
今でも、たまに有線などで流れている事があるので映画を知らなくても聞いた事がある人は多いのでは?
他は正直、微妙ですがこのライブシーンだけは邦画で1番だと思います。(30代女性)
原作の漫画でドハマりしたNANA。映画はそれほど期待していませんでしたが、全員漫画のキャラを忠実に再現してくれていて感激しました。特に二人のナナは漫画から出て来たそのまんまの感じで可愛かったし、カッコよかった。中島美嘉さんが歌う作中のグラマラス・スカイは何度もカラオケで歌うくらい好きな曲になりました。ロックの加減も恋愛のもどかしさも原作と同じく表現されていて嬉しかったです。(40代女性)
配役が全てぴったりとはまっていて漫画のイメージ通りだったので違和感を感じることが全くなかったです。映像と音楽のマッチングも完璧でした。中島美嘉さんが演じるナナが歌うシーンがとにかくかっこいいです。友情や恋愛や夢など全てにひたむきに突っ走る彼らの姿が愛おしいと感じました。ナナとハチの友情がとても素敵で、お互いを励まし合いながら人生を歩んでいく姿に心が温かくなりました。(30代女性)
この映画で強く印象に残っているのは、中島美嘉扮するナナがとにかくかっこいいということです。バンドのボーカルとして歌っている姿はもちろん、ただの立ち姿やそこにいるだけの存在感がすごいなと思いました。観る前は中島美嘉の演技ってどんなだろうと思っていましたが、素っ気なさとかっこよさ、ナナの隠れた繊細さが感じ取れるものでした。主題歌のGLAMOROUS SKYがあまりにかっこよく、現在でも聴いています。この映画を見た当時は、自分とはかけ離れたナナ(中島美嘉)に憧れ、髪形を真似したこともあります。また、初対面で同い年・同じ名前の人と出会ったら少し興奮したり、運命を感じたりするだろうと思い、その体験に憧れたりしました。(20代女性)

ネタバレあり

矢沢あいさんの漫画が好きで前作読んでおり、NANAが映画化されるということで気になって見に行きました。漫画を読んでいる時に登場人物の想像を頭の中でするのですが、ナナ役の中島美嘉さんは脳内で描いていた通りのナナで、奈々役の宮崎あおいさんは、見る前はちょっと違うよな、と思っていましたがぴったりでした。
話の流れは漫画で知っていたものの、全く別物の作品としてみることができ、ナナの歌声も実際に聞けて感動しましたし、最近では数々の漫画が実写化されている中で、とてもクオリティの高い作品です。(30代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました