パーフェクト・レボリューション/あらすじとネタバレと感想

パーフェクト・レボリューション 2017年の邦画

パーフェクト・レボリューションの概要

制作:2017年 日本
監督:松本准平
出演:リリー・フランキー、清野菜名、小池栄子、岡山天音、余貴美子、他

パーフェクト・レボリューションの見どころ

熊篠慶彦の実話「たった5センチのハードル」を基にして松本准平監督が映画化。
脳性マヒで思うように体が動かせない主人公が人格障害を抱える風俗嬢ミツと命がけの純愛を描いた作品。
主演はリリーフランキー。

パーフェクト・レボリューションのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

幼いころの脳性麻痺により体が思うように動かせない熊代嘉浩は障碍者と性との本「たった5センチのハードル」を出版し、出版記念の講演に立ちます。
下ネタも交えながらユーモアに話す彼の元に風俗嬢である塩満涼子が愛について質問します。すると健常者ならなんでもできると励まします。涼子は感動し、講演後嘉浩に遊びに行こうと誘いました。そして涼子は嘉浩をクマピーと呼んでもいい?と言われ、危険を感じた嘉浩はさっさと帰ってしまうのでした。
しばらくして嘉浩が出版のイベントに行くと、そこに涼子がアルバイトとしていました。またもや強引にデートに誘われて、食事に行きました。そして涼子は嘉浩にひとめぼれをしたことを告げます。
そして私も不完全だから(人格障害という重い障害)不完全同士で革命を起こそうと誘われます。強引な涼子のペースにはめられ、二人は付き合いだすのでした。
嘉浩の身体は年々と弱って行っています。医者からも24時間全介助を覚悟するように言われます。

涼子は懸命に介護しますが、涼子の母代わりの占い師晶子は心配でした。涼子は母からネグレクトを受けて育ったので、のめり込み過ぎる傾向があったのです。嘉浩と涼子の事を知ったテレビ局が取材に来ますが、美談に仕立てようとしたことで落ち込みます。その頃嘉浩の書籍がベストセラーになり二人とヘルパーの理恵でお祝いします。その時バランスを崩した嘉浩が転んで入院します。涼子はこれからの事を考えて二人の子供を作ろうと提案し嘉浩を困らせます。

ネタバレと結末

子供を持つことに積極的ではない嘉浩は涼子とケンカします。
涼子はその夜自殺未遂を起こし、病院に運ばれます。嘉浩は別れを進められますが純粋な涼子と別れるつもりはありませんでした。ある日理恵と三人で海に行った時、涼子は嘉浩と心中しようとします。
理恵は事態を重く見て、嘉浩への接近禁止命令を出してもらいます。会いたいのに会えない二人。
ある日涼子が嘉浩に会いに行ってしまいますが、涼子はそのまま入院させられてしまいます。
・・・一年経ち、嘉浩は涼子に会うためにホテルにやってくると、ホテルのロビーに理恵が居て嘉浩にヘルパーを辞めたことを詫びます。そして涼子が監視員付きでやってきます。
涼子は自分が思っているよりも重い病気だったことを告げ、嘉浩がやり直そうといっても拒否しました。
おとなしく監視員に付き添われて涼子が帰る時、理恵たちが監視員を抑え早く逃げろと涼子に言います。涼子は嘉浩のもとへと走り、嘉浩の車いすを押して可能性に向けてジャンプするのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました