交渉人 真下正義/あらすじとネタバレと感想

交渉人 真下正義 2005年の邦画

交渉人 真下正義の概要

制作:2005年 日本
監督:本広克行
出演:ユースケ・サンタマリア、寺島進、小泉孝太郎、高杉亘、松重豊、他

交渉人 真下正義の見どころ

踊る大捜査線シリーズのスピンオフであり警視庁初の交渉人である真下正義にスポットを当てた作品である。
キャッチコピーは、『He’s back up?(彼は脇役だろ?)』、『真下警視、出ておいで。一緒に地下鉄走らせようよ。弾丸ライナーより』、『TOKYO SUBWAY PANIC!』
主演はユースケ・サンタマリア。

交渉人 真下正義のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

クリスマスイブの日、混雑でダイヤが遅れていたため地下鉄の司令塔で混乱が起きていました。
少しでもダイヤの乱れを整えようと地下鉄職員が頑張っています。地下鉄の路線図が見えるモニターに責任者である片岡が、「クモ」と呼ばれる不審車両を見つけました。クモは地下鉄の路線を動き回り、他の車両にぶつかりそうになりながら動いていました。
一方警視庁で交渉人をしている真下は、このクリスマスこそ彼女の雪乃にプロポーズしようとそわそわしています。指輪もすでに買っていました。
そして真下の元にも地下鉄での事件の一報が入り、真下は現場へ急行するよう言われてしまいます。
地下鉄の司令塔室に電話があり、クモには爆弾が仕掛けてあるという脅迫電話がかかってきました。真下は犯人と交渉するために司令塔室に行くものの、職員からは歓迎されていませんでした。部外者が司令塔室に入る事が嫌だったのです。
職員に協力が得られないまま、真下は犯人と交渉しだします。交渉中もクモは何度も他の車両とぶつかりそうになりました。犯人は複数、そして真下たちの状況を良く知っていることから、指令室に何度も出入りしている宅急便の配達にくる黒のカエル便が気にかかります。そしてモニターにクモが消えてしまいます。職員によると秘密の線路に入ったのだろうということ。一般の人たちとは別の経路があり、この路線を一般に公開するのが犯人の目的であろうという事を予測します。

ネタバレと結末

真下は自分で予測し、刑事の木島に協力を仰ぎます。黒のカエル便の事務所に行くとすでにそこは物抜けの空でした。
そして犯人は真下にあんたの大事な人を殺してやると言われ、真下と雪乃が行くはずだったコンサート会場だと思います。きっとそこに爆弾を仕掛けているはずだと。
急いで会場に行き、爆発を止めます。しかし真下の携帯電話にも爆弾が仕掛けられていました。真下は運よくその爆弾も回避します。その後、犯人グループが自爆したという知らせが入りました。
結局犯人グループの意図は分かりませんでしたが、簡単に不特定多数の命を狙う人が多くなってきたと危機感を感じます。真下はその後雪乃にプロポーズするのでした。

交渉人 真下正義のみんなの感想

ネタバレなし

交渉人 真下正義は踊る大捜査線の最初の時から注目をしていた人です。キャリアに対して、どんな風にの上り詰めていくのかということを、期待していたのです。そして交渉人として現れた時には、そうきたかと言う感じでした。交渉術もとてもすごいと思ったし、犯人に対してこのような感じで交渉をするのだと思ったことです。とてもユーモラスな場面もあったりして、緊迫したところとの兼ね合いも面白かったです。(50代女性)

ネタバレあり

踊る大捜査線のスピンオフとして真下正義を主人公にした作品です。
主要キャストではあるものの、青島や恩田が出てこないため踊る大捜査線としては物足りないというか、別の作品を見ているような気になってしまいました。
暴走する地下鉄を操る犯人とのやりとりや、木島のような個性的な脇役も登場するので、スピンオフ作品の中では映画的な盛り上がりがある方だと思います。
犯人が謎のまま終わっていくため、もやもや感は否めませんが、クリスマスイブに起こった事件など季節感を感じることができ、冬になるとふと観たくなる作品でもあります。(30代男性)
「交渉人 真下正義」はユースケ・サンタマリアが主演の「踊る大捜査線」のスピンオフ映画です。
警視庁刑事部交渉課準備室の真下(ユースケ・サンタマリア)とカラスと名乗る地下鉄ジャックとの行き詰まる攻防戦は手に汗を握る展開です。
東京トランスポーテーションレールウェイ(TTR)という地下鉄会社は東京メトロを模した描き方をしています。
「脇線」「線引き屋」「ダンパ」などのマニアチックな内容がとても興味深いです。
開発中の新型電車クモE4-600が地下鉄内を走り回る様は、とても迫力があります。(60代男性)
映画を見るまでは「真下さんが主人公と思うとあんまり期待できないな」と思っていました。
実際見てみると私の中の踊るシリーズではピカイチで面白かったです。
今までの刑事モノでは外で犯人を追うというのがありきたりでしたが、この映画では犯人と交渉する話がメインなのでそこから犯人の行動などを模索し、頭脳戦で犯人にたどり着くというのがかなり衝撃的でした。
最後は地図にのってない裏ルートがあるなんて「見てる側はどう考えてもわかるか!」なんて思ったりもしましたが、この話は犯人と真下さんの頭脳戦がかなり見ごたえあります!
(30代女性)
「踊る大捜査線」のスピンオフで、もともとの作品が好きだったのでその流れで見ました。現場重視の青島と違って、警視庁の交渉課の真下が主人公だったので作風がどんな感じになるのかなとワクワクしながら見ることができました。犯罪交渉人ということで頭脳派の真下がパソコンを駆使して操作を進めていく様子は当時は先進的でかっこいいなと感じました。舞台が東京の地下鉄だということもあり、自分の身近な場所で展開されていく事件に引き込まれていきました。この作品だけでなく、他のシリーズ作とも関連している部分がチラホラみられるのも楽しみだなと思います。(30代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました