タイヨウのうた/あらすじとネタバレと感想

タイヨウのうた 2006年の邦画

タイヨウのうたの概要

制作:2006年 日本
監督:小泉徳宏
出演:YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、他

タイヨウのうたの見どころ

太陽の光に当たることのできない病気「色素性乾皮症」にかかっている少女と出会った青年のラブストーリー。
小泉徳宏監督が映画化。
主演はYUI、塚本高史。ストリートミュージシャン役であるYUI本人の歌声が切なく響く。

タイヨウのうたのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

紫外線に当たれない病気XP(色素性乾皮症)にかかっている薫(YUI)は、太陽に当たらないように逆の時間帯で活動している。日が沈むと起きて、日が出るころには寝てしまいます。
皆が寝ている時に、薫は音楽活動をしていました。ある日窓から外を覗くと、サーフィンに行く孝治(塚本高史)が見えました。目を引く行動をする孝治の事が気になり、つい見てしまいます。
そして薫は友人の美咲を連れて、いつもの場所に音楽活動をしに行きます。ギターを弾きながら歌を歌っていると、孝治を見つけます。つい追いかけて、自分の自己紹介をしますが美咲に連れ戻されてしまいます。
びっくりしている美咲に、孝治のことを話す薫。すると美咲が孝治のことを調べてきてくれました。
薫はますます孝治の事が気になりだします。ある日、いつも孝治が座っているバス停で薫も座ってみます。そこへたまたま孝治が来て二人は話し込み、孝治は薫のライブを聞きに来てくれる約束をします。
夏休みに入り、孝治との楽しい時間を送ります。孝治は薫の歌声に聞き入ります。薫もまた孝治に向けて歌うのでした。話し込み過ぎて、うっかりそこに朝日が来ます。薫の病気の事を知らない孝治。薫は帰りたいというか孝治は病気を知らないので引き留めてしまいます。それでも薫の必死な願いを聞き入れて帰ることにしました。
しかし薫は紫外線にあたってしまいました。両親がバタバタとするなか、孝治は取り残されます。
孝治は美咲から薫の病気の事を聞き、自分なりに調べます。

ネタバレと結末

薫は病院で、紫外線に当たると病気が進行してしまうと言われてしまいます。帰りの車では父に孝治のことを聞かれますが、病気を理由に諦める決意をします。
薫はふさぎ込みますが、ある日のこと、家族に呼ばれて下に降りるとそこには孝治と家族がご飯を食べていました。孝治は歌を作ろうといい、これからは太陽が出ていない時に会おうと提案します。孝治は薫のCDのために必死にバイトします。薫は練習するが病気のせいでギターが思うように弾けなくなっていました。CD完成までには時間がかかります。その間にも病気は進行してしまいます。しかし医師からもう長くないことを告げられます。薫が亡くなってしばらくしてラジオから流れだします。孝治はひとり薫のCDを聞いているのでした。

タイヨウのうたのみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

主人公の雨音薫を演じる映画初主演のシンガーソングライターのYUIさんが当時時まだ初々しさが残っていて、正にはまり役といった感じで、とても可愛く、あどけなさの残る素晴らしい演技を見せていると思います。
ストーリーは当時流行っていた難病ものですが、徐々に病魔に蝕まれ弱っていく主人公が懸命に生きようとする姿が、とても感動的で非常に素晴らしい作品に仕上がっています。
YUIさんが担当する主題歌も素晴らしいです。(30代男性)
この映画を見て、初めて太陽の光に当たることができないという色素性乾皮症の存在を知り、衝撃を受けました。日中は眠り、日が暮れてから活動する生活を自分は知らないので、それを想像もしましたが、どんな生活なのか見当がつきませんでした。自分なら普通の人をうらやましく思ったり、精神を病んだりしそうだと感じたくらいです。しかし、この病気を患った主人公には宝物とよべるような音楽があり、深夜にストリートライブをしたりする生きがいをもっていて、素直にすごいなぁと思いました。また、何かに生きがいを持つことの大切さも痛感しました。最後にはこの主人公は亡くなってしまうのですが、悲しいやるせないという気分よりも、彼女は彼女なりに楽しく幸せに人生を全うしたのだと、どこかあたたかい気持ちになったのを覚えています。(20代女性)
太陽にあたることのできない病気を持つ女の子が主人公の話です。YUIが主演だったため、ストーリーの中での歌がとてもよかったです。聞きごたえというか、ストーリーも相まってとても胸に響きました。それを支える男の子との恋愛も切なかったです。日中の太陽の影響を避けなければならないため、昼間ではなく夜に二人で過ごす時間。それでも、やはり太陽に焦がれる気持ちなどが繊細に描かれていました。これも純愛だなと感じる映画の一つです。(30代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました