奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール/あらすじとネタバレと感想

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール 2017年の邦画

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガールの概要

制作:2017年 日本
監督:大根仁
出演:妻夫木聡、水原希子、新井浩文、安藤サクラ、他

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガールの見どころ

渋谷直角の漫画を大根仁監督が映画化。
物語のモチーフである奥田民生の楽曲が全編にわたり使用されている。
主演は妻夫木聡。
中学時代から奥田民生に憧れた主人公が雑誌の編集長になり、ひとめぼれをした彼女には秘密があったというストーリーである。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガールのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

中学時代、奥田民生をコーロキが始めてみたのはミュージックステーションでした。
テレビに出ているのに飾らない奥田民生に衝撃を受け、それ以来コーロキの中で神として存在しています。
仕事を雑誌編集者にしたのも奥田民生に会えるかも知れないと思ったからでした。
現在ではマレの編集者になり歓迎されます。そしてGOFFINというアパレルとの企画のために会社に出向くと、そこでコーロキは運命の出会いを果たします。
出てきたのは広報の天海あかりでした。まさにひとめぼれでしたが、その後コーロキは仕事でミスをしてしまい、あかりと気まずくなるのでした。
しかしことは大きくならず、いつの間にか仲良くなって付き合う事になりました。すぐにベッドインし、コーロキは絶好調です。しかしコーロキは会社の先輩のヨシズミにあかりと付き合っていることを言うと黙って去って行き、コーロキがこっそりつけていくとあかりと大喧嘩していました。ヨシズミとあかりは付き合っていたのでした。
ヨシズミはその後休暇を取り、ヨシズミの仕事はコーロキに回ってきます。そしてあかりとの仲も不穏な空気が・・・。
その後もコーロキはあかりの女子特有の振り回し加減がよくわからずに、編集長に恋愛観を訪ねます。
編集長もまた昔付き合った女が猫のようであり、なつけば離れ、離れれば寄ってくると態度がコロコロ変わる女性だったと助言してくれました。ある日、コーロキとあかりは旅行に行くことになっていたが、コーロキの仕事のせいで旅行はなくなってしまいあかりはまた怒ってしまいました。

ネタバレと結末

そしてついに別れまで切り出されてしまいます。
諦めきれないコーロキはあかりの会社のパーティまで出向きます。そして悪い予感は当たり、ヨシズミとあかりが一緒にいる所を見てしまいます。そしてその後ろには編集長が・・・。
そして編集長はあかりと結婚することを宣言しました。
そしてヨシズミとコーロキに身を引くように圧をかけますが、当の本人のあかりは「何言ってんの?」と言った感じでした。あかりはコーロキの会社だけでも三股をかけていました。そして三人はもみ合いになり会場は滅茶苦茶です。
その後編集長は逮捕され、ヨシズミは会社を辞めます。あかりも消えていなくなりました。
数年後、コーロキは独立し超売れっ子の出版プロデューサーとなっていました。ある日ふと、あかりが外人と歩いているのを見かけましたが、もうあかりに声をかけることもなくなっていました。コーロキは奥田民生とは違った生き方をやっと選べたのです。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました