散歩する侵略者/あらすじとネタバレと感想

散歩する侵略者 2017年の邦画

散歩する侵略者の概要

制作:2017年 日本
監督:黒沢清                            出演:長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己、他

散歩する侵略者の見どころ

前川知大が主宰する劇団イキウメの舞台であり、舞台を元にした小説をもとに黒沢清監督が映画化。
出演は長澤まさみ、松田龍平。
ある侵略者が人間を乗っ取り人間の概念を学習するために。そして別人になった妻への困惑などを引き起こしながら物語は進んでいく。

散歩する侵略者のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日、ある街で一家惨殺事件が起きた。少女が叫ぶ母も引き入れて殺します。
現場からセーラー服の少女あきらが立ち去ります。道の真ん中を歩いていた少女を避けようとしたトラックが事故を起こします。
あきらはその光景を微笑みながら見ているのでした。
同じ町に住む加瀬真治は数日間行方不明でした。妻は不仲な夫を病院から引き取りますが、これまでの夫とは別人になっていました。一時的な記憶障害や若年性のアルツハイマーを疑いますが取り合えず家に連れて帰ります。
夫婦の間に子供はおらず、夫は会社の女の子と不倫していました。妻も知っています。冷え切っていた夫婦でしたが、何もかもわからなくなっている夫は妻に教えてくれと頼みます。もちろんこのままでは会社にも行けないので自宅療養です。妻は家でイラストレーターの仕事をしていたので、夫のガイドになることにしました。
翌日、妹が来て何も覚えてない夫を不思議がります。家族という概念を教えてもらった夫は妹の頭の中にある家族という概念を取り去ってしまいました。妹は急にへたりこみ、家路を急ぐのでした。
さらに週刊誌のライター、桜井は一家惨殺事件の取材をするために、この街に来ていました。一家は惨殺されたものの、生き残ったあきらという少女は警察によって隠されていました。
取材していると天野という男に声をかけられますが、意味の解らないことばかり聞かれます。
ここでもまたガイドになってくれと頼まれます。そして立花あきらを探したいと言われて、何か知っているかも知れないと思った桜井は行動を共にします。ガイドを承諾した桜井は、秘密を守れるか聞かれます。
なんと天野は宇宙人で地球を侵略しに来たといいます。

ネタバレと結末

天野の家に行くと、すっかり人格が崩壊した夫婦が居ました。天野はこの人たちから色々奪ったからだといいます。天野は宇宙人が地球人の概念を集めているといいます。
宇宙人が概念を教わると地球人は概念を失うのだといいます。それまでは冗談だと思っていた桜井でしたが、天野の両親を見てなんだか納得します。桜井は宇宙人からサンプルとして生き残らないかと言われます。
次々と地球人の概念を奪っていく宇宙人。宇宙人は地球の物を使って宇宙と交信する機械を作り出します。そこに警察が来ますが、あきらが殺してしまいます。
そこで真治の妻との愛に目覚める真治。神父さんに愛について尋ねると愛とは自分の中にあると答えられます。これまで人の物を奪ってきた真治は愛の概念が奪えませんでした。宇宙人三人はついに顔を合わせることになり、侵略が始まるのもすぐそばまで迫ってきていました。しかし宇宙人たちは次々と事故に合い死んでいって、侵略できなくなってしまいます。そして真治に妻は愛の概念を奪って欲しいと頼みます。嫌がりますが結局は奪い、今までとは違う世界の見方ができるようになりました。人間らしくなる真治、そして感情を失った妻。真治はずっと妻と寄り添うことにしたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました