手紙/あらすじとネタバレと感想

手紙 2006年の邦画

手紙の概要

制作:2006年 日本
監督:生野慈朗
出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、吹石一恵、尾上寛之、他

 手紙の見どころ

東野圭吾の小説「手紙」を山田孝之で映画化。
小説ではバンドをするが、映画では漫才コンビの設定である。
事件の被害者ではなく、加害者の家族の心理を描写した数少ない映画として脚光を浴びヒットした。

手紙のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

武島剛志(玉山鉄二)と直貴(山田孝之)は両親を亡くして二人で生活している。
剛志は真面目に働くが、どこか世間知らずでいて世の中をうまくわたっていけないでいる。しかし弟思いのいい兄さんであり、直貴には大学に行かせたい思いからつい空き巣を働いてしまう。ある時、家主に見つかってしまい返りうちで殺してしまう。強盗殺人の罪で無期懲役の求刑に問われた剛志は千葉の刑務所に入った。
直貴も自分のために兄に罪を犯させてしまったこともあり、兄弟は手紙のやりとりをする。
直貴は大学はあきらめて、工場で働きつつ友達と漫才コンビを組み、デビューを目指す。
しかし周りは「犯罪者の弟」という目で見られ、直貴の事を好きな女の子にも冷たく当たってしまう。
直貴はそのうちに、差別の目に耐えられなくなり引っ越しと転職を繰り返す。徐々に誠人への手紙も出さなくなるが、誠人からの手紙は続きます。
ある日、漫才コンビがヒットしだし直貴も社長令嬢と付き合ったりと人生がうまくいきだしますが、ネットで兄の事を書かれてすべてボツに。
相方にも迷惑をかけてしまうので、直貴だけ辞めました。
次に就職した所でも同じように兄の事がばれ、左遷されてしまいます。どこに行っても何をしても兄に邪魔されてしまいます。変わらずに接してくれるのは、元相方とはじめから直貴の事を好きな女の子だけです。
その女の子はお父さんが騙されて借金で家族がバラバラになってしまった過去を持っていました。
女の子は直貴の代わりに誠人に手紙を書いていました。

ネタバレと結末

そしてそのうちに二人の間に女の子が生まれました。それでも差別は一向に止みません。子供にまで差別が及ぶのは避けたい。
思い悩んだ直貴は、これまでの経緯を記し、兄と縁を切りたいことを手紙に記します。
兄のしたことを全て清算してしまうつもりでいた直貴は、誠人の被害者に会いに行きます。
すると兄は毎月被害者の息子にも手紙を送っており、直貴は誠人の思いに改めて涙します。
そうするうちに、漫才コンビに慰問の話が来ます。元相方は直貴を誘い、一緒に訪問します。
漫才のネタを変えながら、「どうやっても切り離せない兄だから」というネタで漫才をします。そこには直貴を見ながら涙する誠人の姿がありました。

手紙のみんなの感想

ネタバレなし

手紙という映画は、殺人を起こしてしまったその家族の気持ちが痛いようにわかりました。犯罪者の家族というのは、周りからとても冷たい目で見られてしまいます。そのことを自分と切り離して考えることができずいつその立場になるかもしれないと、そんな気持ちもあります。子供が犯罪者にならないという確証はないのです。しかし家族というのは、やっぱり血が繋がっているので気持ちを切り離すことができないと、この映画を通じて思ったことでした。(50代女性)

ネタバレあり

罪を犯すということの意味を加害者の身内という視点からいろいろと考えさせられました。手紙って大事だなって改めて思うことができました。俳優さん達の演技が秀逸でした。ラストの慰問のシーンは涙が止まらなかったです。ステージに立つ弟に涙を流しながら手を合わせる玉山鉄二の演技が本当にすばらしかったです。重くて辛いテーマなのですが、最後は救いがあってほっこりとすることができる映画です。(30代女性)
とても考えさせられる映画でした。
自分の為に罪を犯してしまった兄、剛志には感謝もしていたと思います。
それでも自分のやりたい事を片っ端から邪魔されて、どこまででも付いてくる加害者家族であることの苦しみ、ある程度までは我慢できたとしても限度が有ると思います。
夢を諦め、絶えず追ってくる見えない敵に囲まれ、自分の新しい家族にまで被害が及んでしまって、直貴のお兄さんとは縁を切らなければ、と思う気持ちも当然だと思います。
剛志自身も本当は優しい人なので、罪を犯したことは本当に残念で悔しく思いました。
直貴も剛志も本当なら仲の良い兄弟で、それぞれ幸せな家族を持って、お互い行き来をしたり、たまには一緒に旅行に行ったり、という事も出来たんだと思います。
犯罪を起こすという事は幸せな人生を全て壊してしまう、という事なんですね。
剛志を心の底では大事におもっているのに突き放すことしかできない直貴も辛かったと思います。
最後にその気持ちを伝えられたのは良かったと思いますが、本当に悲しい映画でした。(50代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました