湯を沸かすほどの熱い愛/あらすじとネタバレと感想

湯を沸かすほどの熱い愛 2016年の邦画

湯を沸かすほどの熱い愛の概要

制作:2016年 日本
監督:中野量太
出演:宮沢りえ、杉咲花、伊東蒼、松坂桃李、オダギリジョー、他

湯を沸かすほどの熱い愛の見どころ

失踪した夫と営んでいた銭湯を休業し、お金のためにパン屋でパートする主人公、宮沢りえ。
自分が頑張らないといけない時に、病院へ行くと、あっさりと余命二カ月と言われるがショックを乗り越えて、家族の再建のために立ち上がる。
許せない失踪した夫を探し、許せないいじめにあっている子供を奮い立たせ、許せない子供の実の母とも和解させる。そして許せない自分の過去を清算しようとしながらも「なんのために自分は生まれてきたのか」と思うほどの暗い過去にも真正面に向き合い、家族を繋げ、自分の最後の願いを受け入れてもらい死んでいくストーリー。
愛を探し求め、たとえ自分が思うような結果がでなくても、「許す」ことが幸せな死を迎えることになる。

湯を沸かすほどの熱い愛のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

風呂屋を経営しながら、夫と娘と暮らしていたが、ある日突然夫が失踪してしまう。
夫がいなければ銭湯は開いていけないため、目の前の生活のために一年間夫を探しながらパン屋でパートする宮沢りえ。
しかし言いようのない体の不調から、パン屋で倒れてしまう。
病院ではあっさりと「余命2カ月」と宣言されてしまう。
これからの事を考えると、このままでは死ねない! と、心残りになりそうなことを全て片付けていく。
まずはいじめにあって不登校になっている娘を、奮い立たせいじめにも立ち向かえるようにさせます。
次に失踪した夫を、探偵に頼んで探し出してもらう。
失踪した夫はあっさりと見つかり、昔の愛人が「あなたの子」と言ってきて小さな子供を押し付けられて、子供と二人で生活をしていた。
自分が長くないことを告げ、その子供ごと家に帰ってくるように伝え、家族4人での再スタートを切りました。
そして娘二人を連れて、沼津へ旅行する。そして娘の本当の母親は自分ではないことを告げる。
毎年沼図からカニを送ってくれていた親戚が実は本当のお母さんであり、耳が聞こえないために、まだ赤ちゃんだった娘を置いて家を出てしまったことを伝える。
昔から娘には手話を教え、「いつか使う事もある」と言い続けていたのだが、実のお母さんがろうあ者だったため、いつか本当のお母さんの事を話して会わせてあげたいと思う気持ちからだったのだ。
主人公も自分の母にも実は捨てられていて、いつか迎えに来ると言われた言葉を今の今まで待っていた。
時間がないので、本当の母も探偵に探し出してもらうが返ってきた言葉は「そんな娘はいない」という言葉だった。自分の事を見捨てて幸せそうに暮らす母親の家のガラスを割り、逃げるように帰ります。

唯一の血のつながりである、母親には拒否されましたが、血のつながりはない家族が母を温かく迎えます。

ネタバレと結末

これまで空気だった夫が、突然皆にお願いをし、妻を安心させてやりたいと組み立て体操のピラミッドを提案する。
これまで妻に関わった人たちが、ピラミッドを作り夜中に病院の窓から見てもらう。
土台となった夫は「俺がこれから支えていくから安心しろ」と叫び、主人公は声にならない声で「死にたくない。まだ生きたい。」と涙する。
娘に見守られながら亡くなった主人公は、霊柩車に乗せられた後、なぜか家の銭湯に。
そこで火葬して、その焼かれた火で沸かせた銭湯にみんなで入り、全員が主人公の温かみを感じるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました