結婚/あらすじとネタバレと感想

結婚 2017年の邦画

結婚の概要

制作:2017年 日本
監督:西谷真一
出演:ディーン・フジオカ、柊子、中村映里子、松本若菜、他

結婚の見どころ

女と共謀し結婚詐欺を繰り返していく男を探す被害者の女たち。加害者の男は幼少時代に母親に海から突き落とされており、女に夢を与えて最後に突き落とすのが当たり前だと思っていたというストーリー。
結婚詐欺の役をディーンフジオカが熱演し、かなりはまっているのが見どころ!

結婚のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

古海は東京で結婚詐欺師をしていました。女は幸せに希望を抱いて何でもすると思っています。その最上級が結婚であり結婚をちらつかせるのが一番なのでした。
デパートで働く工藤麻美に近づき、大海正次と名乗り巧妙な手口で電話は俺からかけると言います。
今日も麻美がバーで大海正次を待っていると、るり子が入ってきてお酒を頼みます。古海は麻美を電話で呼び出しますがるり子に見つかります。るり子は古海に原稿をせかします。るり子は古海は大沢三雲という小説家だと言います。
しかし、るり子と古海はグルで麻美をだましていただけでした。
古海には実は初音という妻が居ましたが、営業だと言って出歩いて結婚詐欺を続けていました。るり子も初めはターゲットだったものの見破られてからは古海のパートナーとして一緒に結婚詐欺をしていました。るり子は初音が居ることを知りながら関係を続けています。
古海は麻美に結婚を申し込みます。そしてマンションの空き部屋に連れて行き、新居だと言いのけました。麻美は家具を買い始めます。古海は指輪を送り、原稿料が遅れるので100万貸してくれと言います。麻美は口座に振り込むとそれ以来連絡が取れなくなるのでした。麻美は会社にも結婚の事を言っているので一人で泣いていました。その頃古海とるり子は100万を山分けしています。市役所に勤めている鳩子も古海に騙されて100万とられています。るり子が新しいターゲットを連れてきます。プライドの高い真奈をまんまと騙しました。

ネタバレと結末

同じころ鳩子は探偵事務所に古海の調査を依頼していました。
同じころ、古海は柊泰江とデートしていました。が子供の頃の話になりましたが、古海には子供の頃の思い出がありませんでした。母親に捨てられてから記憶が無くなっていたのでした。柊泰江は自分が調査すると言って、古海の子供の頃の写真を持って帰ります。柊泰江が調査結果と引き換えに世界一周旅行に付き合うように言います。その一方で鳩子と麻美は古海が真奈をだます様子を見ようとします。
家に帰り、調査書類を見た古海は愕然とします。そして初音も全てはあなたの妄想だと言って消えます。
初音は母を想う古海の妄想が作り上げたものだったのでした。
古海は柊泰江と待ち合わせしている場所に行くと鳩子、麻美、真奈、るり子が勢ぞろいしていました。古海はみんなの事を好きだと言い、自分は4歳の頃シングルマザーの母に邪魔になり海から捨てられたと言います。助けられて施設に入った古海は女性は持ち上げて落とすものという常識が自分の中で出来上がりました。そして古海は海に飛び込み、4歳の頃の記憶が戻ります。古海は一人で海から上がって歩いて帰るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました