嫌われ松子の一生/あらすじとネタバレと感想

嫌われ松子の一生 2006年の邦画

嫌われ松子の一生の概要

制作:2006年 日本
監督:中島哲也
出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、他

嫌われ松子の一生の見どころ

山田宗樹の長編小説「嫌われ松子の一生」を中谷美紀で映画化。
小説、ドラマ、映画と来て、最近は舞台にもなっているロングセラー小説を元に、下妻物語の中島哲也監督が悲劇的な映画になりがちな個所をミュージカル風にしたりと演出にこだわっている。
キャッチコピーは「松子。人生を100%生きた女。」
親の事をよく聞く松子は、親の勧めで教師になるが、そこから転落していく長い人生を見事にまとめた作品である。

嫌われ松子の一生のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

恋人にフラれた川尻笙はこれまで聞いたことのなかった、伯母の川尻松子が殺されたことを知る。
時間のある笙は、松子の家の整理に行き、松子の一生をたどっていきます。
・・・松子は福岡で中学教師として働き、修学旅行に行きます。しかしそこで教え子の龍の窃盗の罪をかぶり、辞職したことから転落していってしまいます。
やがて作家志望と付き合い、同棲しますが作家になりきれず松子の前で自殺してしまいます。
その後、作家の友人である既婚者とも付き合いますが、妻にばれてしまい別れてしまう。
そして、中洲のソープ嬢となった松子は中州から雄琴に移動し、同棲した男の事を殺してしまいます。
自分も自殺しようと思うができず、東京に行き理容師と付き合うようになりますが、そこへ警察の手が・・・。理容師は松子の事を「待つ」と言うので、松子は刑務所の中で美容師免許を取ります。
出所してすぐに理容師の所に行きますが、そこでは理容師が家庭を築いていたのです。
失恋した松子は、美容師をしていると声を掛けられます。同じ囚人であっためぐみです。めぐみはストリッパーからAV女優になっていましたが、結婚してたくましく生きています。
そして教師時代に離職の引き金となった龍に再開します。龍はヤクザとなっておりましたが、松子の事がずっと好きだったとほだされて、同棲するが暴力を受けるが、受け止める松子。

ネタバレ結末

やっと松子は幸せになれそうでしたが、そこで龍が警察に逮捕されてしまいます。
やがて龍は刑務所の中で信仰に目覚めてしまい、松子の事を拒否してしまうのです。
松子はまた一人ぼっちの中年になってしまいましたが、荒川近くの古いアパートに住みつつ、ゴミだらけの部屋で酒と食に溺れつつも、光GENJIの熱狂的なファンとなり追っかける毎日を過ごす。
あきれ果てためぐみが、経営者になっており、松子にも職を紹介しようと名刺を渡しますが、公園で捨ててしまいます。しかしやっぱり仕事したいと思い、公園にその名刺を探しに行きますが不運にもそこに溜まっていた少年たちに面白半分に撲殺されてしまいます。
しかし松子の顔は笑顔で、幸せに包まれながら死んでいったのでした。

嫌われ松子の一生のみんなの感想

ネタバレなし

松子役の中谷美紀さんを観たくて、原作買い、急ぎ読了してから映画館に足を運びましたが、期待を大きく裏切った作品でした。
原作は読み応えあったのに、映画ではセピアな画像でミュージカル風仕立てであり、写実的な画像を期待していた私には合いませんでした。
金を払ったのだから何か頂いて帰ろうと、中谷美紀さんに意識を集中しましたが、流石に彼女の演技は素晴らしく全編観終える事が出来ました。
エンターテイメントなのですから、キッチリとした濡れ場でも入れてくれていれば、総合評価も変わったかも知れません。(60代男性)
主人公はきれいで頭がよくて幸せな人生を歩む要素が満載だったのに転落し、がんばってもがんばってもより下に転落していく姿がいたたまれなかったです。かなり悲惨な目にあっても幸せになる可能性を捨てないでまじめに物事に取り組むのにまたなんでと切なく、同時に境遇がひどすぎて心が沈みました。でも、この映画で思い出すのは色鮮やかな幸せシーンです。どんなひどい目にあってもあの鮮やかな幸せビジョンがみえる人は生きていけるのかもしれないと思いました。(40代女性)

ネタバレあり

主人公の松子を演じる中谷美紀さんが入り込んだ感じで、何でも有りの感じな体当たりの素晴らしい演技を見せていると思います。
ストーリーも夢を見る若い女の子が段々と現実に向き合い、信じては裏切られ、不幸になってゆくという人生の難しさを描いていて教訓になるような感じで、愛する人が目の前で自殺してしまったりと衝撃的な展開が繰り返され、見ていると徐々に引き込まれていきます。(30代男性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました