ちょっと今から仕事やめてくる/あらすじとネタバレと感想

ちょっと今から仕事やめてくる2017年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

ちょっと今から仕事やめてくるの概要

制作:2017年 日本
監督:成島出
出演:福士蒼汰、工藤阿須加、黒木華、森口瑤子、池田成志、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

ちょっと今から仕事やめてくるの見どころ

第21回電撃小説大賞の北川恵海の小説を成島出監督が映画化。
焦って入ったブラック企業にこき使われいるうちに、自殺が頭をよぎるが同級生を名乗るヤマモトという男に助けられた。何かとお世話になるので調べてみると、本物の同級生のヤマモトは海外勤務であり、さらに調べると三年前に自殺した男のニュースが見つかる。ヤマモトは双子だったので弟に会いにバヌアツに旅立つというストーリー。
主演は福士蒼汰。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

ちょっと今から仕事やめてくるのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

残業は月に150時間を余裕で超え、残業代もない、有給もない、休みもない、こき使われて馬鹿にされる毎日にうんざりしている隆。毎日毎日怒鳴られて怒鳴られるごとに頭が真っ白になります。
部屋は荒れて、山梨の両親から送られてきたブドウも放置でした。残業中に母からの電話があってもろくに相手にする心の余裕もありませんでした。残業ばかりでやっと終わって電車を待つ隆に部長からのお叱りの電話があり、隆は電話を無視して電車に飛び込めば楽になる・・・と体を傾けていました。
しかしそんな隆を止める人物が居ました。派手な格好をした人物は隆に向かって「久しぶり」と言います。ヤマモトと名乗り、中学の同級生だと言いました。隆は覚えていませんでしたが、大阪弁を話すヤマモトに心を許し居酒屋で飲むことになりました。電話番号を交換し、二人は度々飲みに行くようになりました。
隆とは対照に自由にのびのびとしているヤマモト。いつしかヤマモトのアドバイスをもらいながら仕事も順調になっていくのでした。ある日、ヤマモトが同級生ではないことに気が付きます。
不信感を抱きますが、ヤマモトに聞くと初めの方に間違えたことに気が付いたが、そのまま仲良くなったと言います。隆は隆で、何の接点もなくてもここまで仲良くなれることを嬉しく思っていました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

ある日隆は仕事で失敗をしてしまいます。そして隆がまた自殺しようとするとヤマモトが現れます。
その前に、隆はヤマモトの本名である「ヤマモトジュン」をネットで調べていました。ヤマモトジュンは三年前にブラック企業に勤めており、自殺で亡くなっていたのです。ヤマモトは隆に生きることの重要さを伝えます。自分のためではなく、自分を見守ってくれている人のために生きるのだと言います。隆は長らく帰っていなかった実家に帰りました。仕事を辞めたいことを伝え、会社に辞表を出します。会社を辞めた日からヤマモトが出なくなりました。前に見たネットの記事のサイトに連絡し、ヤマモトの事を教えてもらうと身寄りのない子供達の施設を紹介されます。隆が行ってみるとヤマモトが双子だったことがわかります。隆の目の前に来ていたのは双子のヤマモトユウの方でした。そしてここに訪ねてくる男に渡して欲しいと一枚の写真を渡していたのでした。それはバヌアツで教師をしているユウの写真であり、裏にはバヌアツに来るように伝言がありました。今度はヤマモトを助ける番だと思い、隆はバヌアツに旅立つのでした。バヌアツでヤマモトに迎えられ、子供たちと笑顔で遊ぶ隆の姿がありました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました