映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ/あらすじとネタバレと感想

夜空はいつでも最高密度の青色だ 2017年の邦画

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの概要

制作:2017年 日本
監督:石井裕也
出演:石橋静河、池松壮亮、佐藤玲、三浦貴大、他

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの見どころ

コアなファンを多数取得している詩人・最果タヒの詩集を実写映画化。
昼間は看護師、夜はガールズバーでバイトする女の子が、片目がほとんど見えない日雇いの男の子と出会い、生きづらさを抱えつつ成長していくストーリー。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

東京にて看護師として働いている美香は、看護師の仕事が終わって女子寮に帰って来ると着飾って出かけます。
夜は渋谷のガールズバーで働いているのでした。何にも信じられずに愛想笑いで過ごし、同僚とも距離がありました。
建設現場で日雇い労働者として働いている慎二はほとんど左目が見えません。同じように日雇いで働いているやる気のない智之と何にも持ってない中年の岩下とフィリピンから出稼ぎにきたアンドルスとつるんでいました。
岩下は腰痛で困っており、智之は首に謎の傷跡があります。アンドルスは借金を背負っているとのうわさでした。
ある日美香は看護師仲間と合コンに行き、バカバカしい騒ぎに付き合っていると居酒屋で左目を抑えて一人で本を読んでいる慎二が居ました。
慎二と智之と岩下である日ガールズバーに行きます。そして慎二は美香に会いました。数日後、再び慎二と美香は会います。ついしゃべり過ぎてしまう慎二が美香と話し、帰ります。その間も智之と美香は連絡先を交換しており連絡を続けていました。
数日後、仕事中に智之が急に体調を崩し脳梗塞を起こしてそのまま亡くなります。葬儀に参列した慎二は美香に声をかけ何かできることはないのかと尋ねますが、美香に「死ねばいいのに」と言われてしまいます。
そのまま距離ができるかと思いきや、慎二が仕事中にけがをして病院に行った所に美香が居たのでした。
そしてたばこ休憩の時に二人は連絡先を交換します。

ネタバレと結末

美香はその後実家に帰ります。実家にも居場所が無い美香は彼氏がいつも違う妹に恋してる女は醜いと言ってのけます。小さいころに亡くなった母も病気と言われていたものの自殺だったり、なんにもハッキリ言わない父に対して不信感が募りますが、父は仕事もせずにパチンコばかりです。やりきれなさから夜の闇に飲まれてひとり泣いているのでした。
慎二もまた東京で夜に飲まれてしまい、夜空を見上げます。いろんなうまくいかないことを考えながら美香に会いたいとメールを送ります。美香と慎二は新宿で会い、「死」について話します。
同じころ二人は前に付き合っていた人と会いますが、どちらも心がかみ合わずさみしい思いだけして帰ります。
そして慎二の隣の住民が孤独死します。岩下に話すと、生きていることについて諭され、慎二は美香に会いたくなり走り女子寮の前で待ち続けます。そして慎二と美香は付き合いだし、岩下は仕事を辞め、アンドルスもフィリピンに帰ることにします。慎二は美香の実家に行き、お互いに弱い部分も全部話し合います。二人は微弱ながらも前に向いて歩いていく雰囲気が出来上がっていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました