光/あらすじとネタバレと感想

光 2017年の邦画

光の概要

制作:2017年 日本
監督:河瀬直美
出演:永瀬正敏、水崎綾女、他

光の見どころ

河瀬直美の監督作品「光」
弱視の男性写真家、視覚障害者用に映画の音声ガイドを作っている女性との物語である。
主演は永瀬正敏。

光のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

視覚障がい者が映画も楽しめるように音声ガイダンスを作る美佐子。恋人もなく、故郷に痴ほう症の母を一人残して一人暮らししていました。
美佐子の父は、まだ幼いころに失踪し、思い出がありません。父の残した財布を暗記するくらい眺めて美佐子は喪失感を感じていました。
ある日美佐子が原稿を務めた映画のモニター会が開かれ、美佐子は情報が多過ぎる、主観が入り過ぎているとダメだしされてしまいます。中森雅哉(永瀬正敏)というカメラマンで、一流ですが目の病気により弱視を患っていました。そのうちに全く見えなくなってしまう病気なのでした。しかし腹の立つ美佐子。女優の智子からも雅哉の意見を聞いた方がいいと言われてしまいます。
雅哉は雅哉で視力がほとんど見えていない自分にいら立ちを感じています。
美佐子も、雅哉の家に拡大読書器を持って行ったりとねぎらいます。わだかまりが溶けていく二人。ご飯を食べたり写真を見せてもらったりします。そのうちに父の写真と雅哉の写真で似ている所を発見します。
美佐子は映画の監督と打ち合わせをしますが、監督の趣旨と違うガイダンスを入れることに反対されてしまいます。
納得できる言葉が見当たらず、解らなくなった美佐子は「皆さんの想像力に委ねます」とぼかすと、雅哉からは逃げるのかと怒鳴られます。
雅哉は半年ぶりにカメラマン仲間の田中と飲みます。そしてほとんど目が見えなくなっていた雅哉は帰りに、カメラを持ってもらうと田中はそのまま消えてしまいました。
山田からカメラを撮り返すと、たまたま美佐子が居ました。
雅哉の苦悩を知った美佐子は心を寄せ合うのでした。

ネタバレと結末

美佐子は父の写真と同じ夕日が見れる場所に雅哉に連れて行ってもらいます。
そして雅哉はそこでカメラを捨ててしまいました。
美佐子は雅哉にキスをするが、雅哉はためらってしまうのでした。
そのころ美佐子の母は痴ほうが進行し、姿を消してしまいます。探しに行くと母はあの夕日の写真の場所で、いつまでも父を待っているのでした。そして美佐子に雅哉がこの間撮影した夕日の写真が届きます。
ピンぼけしてまともに映っていませんでしたが、雅哉の最後の写真となりました。
白い杖をついて歩くようになった雅哉。そして映画の上映が始まります。美佐子のガイドも一緒に流れます。美佐子は最後のセリフを「重三の見つめる先、そこに光」としたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました