UDON/あらすじとネタバレと感想

UDON 2006年の邦画

UDONの概要

制作:2006年 日本
監督:本広克行
出演:ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、升毅、要潤、他

UDONの見どころ

『UDON』は香川県出身の本広克行監督が映画化。ロケ地も香川のうどん屋をそのまま使うなどほぼオール香川ロケ。
うどんブームを作り上げた青年の話。
主演はユースケ・サンタマリア。

UDONのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

松井香助(ユースケ・サンタマリア)は世界で通用するコメディアンになりたいと思っている青年です。
香川県で製麺所をしている実家を飛び出して、ニューヨークに行きますが借金だけ背負って帰ってきます。
香助が帰って来たので、旧友たちは喜びますが父は納得いっていませんでした。二人の間には不穏な空気が流れます。
ある日、宮川恭子(小西真奈美)と出会います。
山の中で災難にあったふたりが見つけたのは、小さなうどん屋さんでした。
・・・香助は友人の庄介(トータス松本)に借金を返済してまたニューヨークに戻りたいというと、庄介はタウン誌の仕事を進めます。するとそこには恭子が居たのでした。
そして弱小タウン誌を売るべく、香助は悩みます。すると観光客が「香川のタウン誌なのにうどんが載ってない」と言っていたのをヒントに、マニアックなうどん屋を載せることでタウン誌が売れるのではないかと考えます。
そして他の雑誌と同じようなうどん屋ではなく、苦労してたどり着くうどん屋というマニアックなうどん屋を取材することにしました。香助たちは簡単にはたどり着けない、秘境のうどん屋の場所をさらにぼかして記事にすることにします。
最終的にうどん巡礼記を作り、ライターたちは麺通団を名乗ります。他県からも幻のうどんということで雑誌も売れ始めます。そしてタウン誌の会社も大きくなっていくのでした。
全国的にうどんがブームになってしまうと、調子に乗る店も出てきます。そして味よりも効率を考えて儲けに走る店も出てきます。うどんの質が下がってくるとともに、お客さんの質も下がってきます。
同時にうどんブームは去っていき、タウン誌の売れ行きも落ちて廃刊してしまいます。

ネタバレと結末

香助の借金は父が立て替えていました。そして父に借金を返せるだけのお金がたまったことを報告します。
しかし香助はこれまでうどん屋を継ぐことはなんとなく毛嫌いしていたのですが、うどん屋の取材を積み重ねるうちに、父にうどんの打ち方を教えて欲しいといいます。
店に入り父を探す香助。しかし父は倒れていました。親子の仲を戻すこと無く、そのまま父は死んでしまいます。
うどん屋を継ごうと頑張る香助でしたが、香助は松井製麺所の味がなかなか出ません。そうこうしている間に店の張り紙には待っているというみんなの書き込みが増え、いつしかノートまで置かれています。
しかし父が夢に出てきて、夢を追えと言われ香助は再びニューヨークへ。
うどん屋は姉夫婦が継いで、松井うどんとして生まれ変わります。
そしてソウルフードを食べ、映画は終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました