追憶/あらすじとネタバレと感想

追憶2017年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

追憶の概要

制作:2017年 日本
監督:降旗康男
出演:岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

追憶の見どころ

25年前、親に捨てられた三人はとある喫茶で同じように育ち成長し歌。25年経ち、地元で殺人事件が起き親友だった3人は、刑事、容疑者、被害者として再会するというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

追憶のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1992年、能登半島では親に捨てられてしまった四方篤、田所啓太、川端悟と出会い固まっていると、仁科涼子に声を掛けられ涼子が経営している喫茶「ゆきわりそう」に身を寄せていました。三人は涼子を母のように慕っており、ゆきわりそうの常連山形光男も交えて家族のように暮らしていました。
しかし幸せな日々も長く続かず、涼子のヒモが出所してくることで事態が大きく変わります。涼子の所に度々来て貴船は暴力を振るいます。自分たちの幸せを今度こそ守るために、三人は貴船を殺すことにしました。
三人はクリスマスイブの日に決行し、貴船を殺します。しかし涼子は三人をかばって自首するのでした。三人も離れ離れになり、それ以来会っていませんでした。
その後25年経ち、篤は富山県警で働く刑事になりました。刑事になると無関心だった母清美から金の無心をされ、妻美那子との関係も崩れていき今では別居しています。ある日篤は偶然悟と再会しました。悟は東京のガラス店をしているものの経営がうまくいかず土建屋を営む啓太からお金を借りようとしていました。
啓太の会社は順調で、妻の真里も妊娠しており、かつての思い出のゆきわりそうの跡地に新居を構えようとしていました。さんざん飲んだ二人。帰りに篤が悟に金を渡しました。
しかし翌日の朝、悟が殺されて発見されます。篤は捜査に参加することになり、悟の家に行くと「あんどの家」という介護施設の封筒を見つけます。その後すぐに篤の母が自殺未遂を起こし、実家に帰ってその足で啓太の家に久しぶりに会いに行きました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

しかし啓太は篤を見て、自分だけきれいになったつもりか。とつれない返事をしました。
そのまま「あんどの家」に向かうと、そこには涼子が車いすに乗っており横に山形が居ました。涼子が出所してきた時に山形と籍を入れていたのでした。しかし三年前に事故で半身不随と記憶障害を患っていたのです。涼子は三人の記憶もなく、山形ももう忘れてしまっていいと言いました。
事件の調査が進んでいくと、悟の容疑者として啓太が出てきました。篤が会いに行くと、真里が産気づいて病院に行くことになります。そこで事件の意外な真相を知りました。事件の犯人は悟の妻である小夜子とガラス屋の従業員の不倫から悟を保険金目当てで殺したというものでした。篤と啓太は悟の死に傷つきます。
その後真里は無事に出産しますが、真里は獄中で生んだ涼子の子供でした。
その後篤は再び涼子の所に行き、二人で海岸を散歩していると涼子が篤を抱きしめるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました