帝一の國/あらすじとネタバレと感想

帝一の國 2017年の邦画

帝一の國の概要

制作:2017年 日本
監督:永井聡
出演:菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大、永野芽郁、吉田鋼太郎、他

帝一の國の見どころ

帝一の國は古屋兎丸の人気漫画を永井聡監督が映画化。
「総理大臣になり自分の国を作る」と考えている主人公が全国トップの頭脳を持つ800人の学生が通う、日本一の超名門海帝高校の生徒会長になると将来の内閣入りが確約されている。といわれて目指す少年の物語である。
主演は菅田将暉。

帝一の國のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

赤場帝一(菅田将暉)は海帝高校の一年生です。
新入生歓迎会の生徒会長に感激して以来、自分もまた生徒会に入りたいと願っていました。
海帝高校は将来の官僚や政財界の一流を育てる学校です。帝一の父もまた同じ学校でしたが、高校の時に生徒会長戦で負けてしまい、いまだに当時の生徒会長の後を追っている状態でした。父もまた、息子を使ってかつての恨みを晴らそうと息子に徹底的にエリート教育をしてきたのでした。
生徒会長になるにはまずクラス委員にならなくてはいけません。そこから評議会のメンバーにならなければ生徒会への道が作れません。クラス委員は中学でも生徒会をしていた帝一はクリアしています。あとは寄付金ですがこれも父が多額の寄付をしているのでクリアできました。学級委員となった帝一は評議会のメンバーになれました。
しかし評議会のメンバーは強者ぞろいで、帝一は焦りました。
生徒会長は次期生徒会長を選ぶので、今の次期生徒会長に忠実に行動すれば生徒会長になれます。
さっそく帝一は次期会長になりそうな氷室ローランドに取り入りますがライバル菊馬の邪魔が入ります。
菊馬は生徒会でも帝一に大恥をかかそうとしますが、これまたライバルの大鷹弾に助けられます。弾は海帝高校には珍しい貧乏家の出身ですが、それに負けない魅力があったのでした。
そして弾はローランドではなく森園億人を推していたのです。
帝一たちが裸太鼓までして盛り上げているローランドは、自分になびかない弾が気に入らず、弾の父の借金を肩代わりしてやると言い出します。迷う弾でしたが最後はローランドを殴り、断りました。

ネタバレと結末

帝一はそんなローランドに疑問を持ち始めました。
しかもローランドは帝一の父のライバル会社です。菊馬がそのことをローランドにばらし、帝一を捨て駒にしようとします。帝一はあっさりローランドを捨てて、森園側に寝返ります。帝一は森園を盛り上げるため支持者を集めだします。ローランドも対抗してお金を配りだしました。
そんな時帝一の父が捕まってしまい、森園の票が落ちてしまいます。生徒会長選挙の日、帝一は気を取り直して学校に行くと菊馬に絡まれてしまいます。二人はケンカになり帝一の票が無くなってしまいますが、森園が生徒会長になりました。
そして翌年。帝一、菊馬、弾が生徒会長に立候補しますが弾が生徒会長になります。
帝一はお祝いに大好きなピアノを弾いてあげるのでした。

帝一の國のみんなの感想

ネタバレなし

この映画は懐かしい感じがある映画でした。今でも思い起こされる、学生が荒れた時代の熱い学生を思い出しました。昭和の40年から50年当時の男子高校などが似たような感じがあります。暑苦しく、怖いものなしの高校生が何でもいいので人の上に立ってみたいと思う心情がよく出ていました。昨今でも時々テレビで放映される、有名な男子進学高校にも似たような場面を見たことがありますが、素直な若気の至り的な考えや行動がよく表現された映画でした。(50代男性)
「帝一の國」は邦画で見た中で久々に興奮した映画でした。なんといっても、主演や脇を固める俳優陣が豪華でイケメン揃いです。原作が漫画なだけあって、現実離れした映画ですが展開の流れやリズム感も良く、大変面白かったです。キャストの熱のこもったハイテンションな演技も見どころです。ストーリーは、友情・恋愛ありの学園ものですが、昭和な部分も感じる映画でした。もしこの映画の第2弾があれば絶対見たいです。(20代女性)
漫画が原作ということで、全体的に独特の世界観のある印象だった。そんなこともあって、最初は敬遠していたが、実際に観てみると、内容はかなり単純でとても観やすかった。
いわゆる学校の生徒会選挙を中心として描き、そこにマンガチックな演出と設定を混ぜたことで不思議な世界観を出しているが、この世界観を受け入れられる人とそうでない人、好き嫌いの多い作品だろうとは思った。
それに、原作漫画を読んだことがある人はより楽しめるかもしれないが、私はそうではなかったので、さすがに千円以上を出して観るほどの作品ではないと思った。(20代女性)
菅田将暉さんが演じた帝一のキャラクターがおもしろかったです。根がバカまじめなため極端で天然、でも賢い。目的のためにまっすぐですが選ぶ手段が「それなの?!」と突っ込みたくなるような選択でいつの間にか親近感を持ってしまっているという感じでテンポもすごくよかったです。
竹内涼真さんの役のキャラクターはどこか昭和的な優しさとまっすぐさを感じさせるさわやかなキャラクターでした。帝一の彼女もいやみがなくかわいらしかったです。マンガが原作らしいです。読んでみたいと思いました。(40代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました