しゃぼん玉/あらすじとネタバレと感想

しゃぼん玉2017年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

しゃぼん玉の概要

制作:2017年 日本
監督:東伸児
出演:林遣都、市原悦子、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

しゃぼん玉の見どころ

乃南アサの小説を東伸児監督が映画化。
主演は林遣都。
犯罪を積み重ねて、田舎の村に逃げてきた男が村の住人と触れ合ううちに心を溶かしていくというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

しゃぼん玉のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

伊豆見翔人は親に見捨てられたことが原因で、自暴自棄になっていました。
女や老人ばかりを狙った犯罪ばかりを繰り返し、金を奪いながら逃走を繰り広げていました。ある日、トラックの運転手に取り入って、乗せてもらうもののあさはかなので宮崎県の秘境椎葉村で放り出されてしまいます。
山道を歩いていると、翔人はバイクを見つけます。これ幸いにとナチュラルにバイクにまたがるものの、離れた場所から声をかけてくる血を流している老婆スマが居ました。翔人はどうしてかスマを見捨てることができず、自宅に送り届けてあげることにします。スマが住んでいる山の上の家では、近所の人が心配して次々にやってきました。当人たちは翔人を勝手にスマの孫だと勘違いし、料理を持ち寄ってもてなします。翔人は手料理のおいしさに感動し、おなか一杯食べた後昼寝してしまうのでした。一方でスマは助けてもらった感謝から翔人に一生懸命に尽くします。はじめの方こそ、金を盗んで逃げようと思っていた翔人でしたが、翔人のトゲのある言葉も全て飲み込んで包み込んでくれるスマに対して居心地の良さを感じてしまいます。そしてそのまま何も考えずにスマの家に居ついてしまうのでした。
ある日、シゲ爺から祭りで売るキノコや山菜、栗を取りに行こうと誘われます。翔人はシゲ爺についていくのが精いっぱいです。それでも毎日体を動かせてシゲ爺についていくのでした。シゲ爺もやんわりと、人生に向き合う事を諭します。平家祭りが近づくと、翔人もせっせと花植えを手伝います。準備をしていると大阪から帰ってきた黒木美智と出会い、惹かれ合うようになりました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

しかし美智は大阪で翔人にひったくりをされて、傷ついて戻ってきていたのでした。
そこで再び逃げ癖がむくむくと顔を出し、冷蔵庫を見るとまとまったお金が置いてありました。そこにスマがやってきて金が目当てだったのかと問います。そしてそこに本当のスマの息子が都会から帰ってきました。息子は家じゅうを荒らしてスマに金を出せと迫ります。翔人とも殴り合いになり、スマの息子を見ながら昔の自分を思いだすのでした。息子は出て行き、ちゃんと育てられなかったと嘆くスマに翔人が自分の故郷になってくれないだろうかと持ち出します。そしてこれまでの罪をスマに告白し、自首することにします。
次の日、スマはおにぎりを作って持たせてくれてシゲ爺の車に乗り警察に行きます。スマは帰ってくるまで待っていてくれると言ってくれていました。そして三年後、刑期を終えた翔人は村に帰ってきて元気なシゲ爺を見て安心しながらスマの待つ家に帰るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました