天使のいる図書館/あらすじとネタバレと感想

天使のいる図書館 2017年の邦画

天使のいる図書館の概要

制作:2017年 日本
監督:ウエダアツシ
出演:小芝風花、横浜流星、森本レオ、香川京子、他

天使のいる図書館の見どころ

内気な新人司書がとある老女が持っている一枚の写真をきっかけに、一緒に思い出の地を巡る手伝いをするようになり、成長していくというストーリー。

天使のいる図書館のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

奈良県の図書館に就職した吉井さくらは新人司書です。レファレンスサービスの担当となり、利用者の求めている本を間違えたりとまだまだです。
上司の上嶋弘美からももっと勉強をしてくれと言われます。さくらは頭脳明晰なのですがコミュニケーションが苦手だったのです。
ある日、さくらは図書館で老婦人芦高礼子と知り合い、一枚の写真を見せてもらいます。そこには古い神社の前に男女が写っており、さくらはこの神社に行きたいのだと勘違いし、神社の本を調べて持ってきます。
またある日の事、礼子が神社と男女が写っている写真を持ってきたのでまたその神社の本を探そうとしていると、礼子に神社ではなく写っている人物を探していました。ちなみに二枚目の神社はさくらの実家です。
それからも礼子を見かけるとさくらが声をかけますが、礼子は神社に行った様子はなく、地図だけではわかりにくいかと思い実際に一緒に神社に連れて行くのでした。礼子は神社に着くと、かつて好きだった人の長寿を祈ります。が、その際に不審な男に写真を撮られていることに気が付きます。さくらは礼子と葛城の名所を巡るようになるのでした。さくらはさくらで大好きだった祖母と礼子を重ねてみているのでした。
先輩からは図書館の外まで連れ出していることを怒られますが、さくらはやめませんでした。
礼子もまたはじめこそ戸惑っていたものの、心を開きはじめ、この写真の男性ににくまれていることを話し始めます。そして礼子に影響され、苦手だった小説に手を伸ばし始めるさくらなのでした。

ネタバレと結末

その頃、図書館に神社で写真を撮っていた不審な男が頻繁に表れ始めます。休日にその男から話しかけられたさくらは逃げ出し、転んでしまい図書館で借りた本を紛失してしまいます。するとその男が探し出して持って来てくれるのでした。
ある日さくらは礼子から當麻山口神社の写真を見せられ探します。その写真に写っているのは写真コンクールで優勝した地元の青年だと父から聞きました。そして礼子を案内する日、待っていたのに礼子は来ませんでした。翌日には不審な男がやってきて、礼子の孫で幸介だと言います。礼子は入院していたのでした。
幸介は祖母があまり長くないこと、そしてさくらにずっとお礼が言いたかったことを教えます。
さくらは写真の男性を調べると、司書の田中草一朗だとわかります。礼子は草一郎に会いたくて図書館に通っていたのでした。さくらは草一朗に礼子と会ってくれと頼みますが追い返されてしまいます。
さくらは病院に外出許可をもらい、礼子をススキ野原に連れて行きます。するとそこに草一郎が現れ、数十年分を埋めるように話していました。さくらはその姿を見て涙します。その後礼子は亡くなりますが、さくらは仕事の楽しさに目覚め、幸介からは礼子の思い出の地を巡ろうと誘われるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました