県庁の星/あらすじとネタバレと感想

県庁の星 2006年の邦画

県庁の星の概要

制作:2006年 日本
監督:西谷弘
出演:織田裕二、柴咲コウ、佐々木蔵之介、和田聰宏、紺野まひる、他

県庁の星の見どころ

桂望実の同名小説を県庁の星を西谷弘監督が映画化。
県庁に勤めるエリートが三流のスーパーを立て直すために奮闘する物語である。
主演は織田裕二、柴咲コウ。ロケは香川県庁など香川県で多く撮影された。

県庁の星のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

野村聡(織田裕二)はエリート公務員でした。
社長令嬢と婚約し、順風満帆な毎日です。県庁に勤める彼はある日、民間との人事交流研修という名目でスーパー「満点堂」に派遣されます。しかし満点堂では食品管理もあやしい、民間ならではのだらしないスーパーを目の当たりにしてしまい、満点堂のルールを新たに作り押し付けます。
しかしスーパーの従業員からすれば、ただの押し付けにしか見えずに、よそから来た奴が現場の事もわからないまま理想を押し付けているだけ。と相手にしませんでした。
パート職員二宮(柴咲コウ)とも真っ向から対立します。野村は負けず嫌いでもあり、これと思った事は押樋そうとするために満点堂の従業員からも相手にされません。しかし二宮の事を見ていると、郷に入っては郷に従えという言葉を思い出し、二宮の事も見直してきます。二宮は、これまでの満点堂のフライの二度揚げなども、黙認はしているものの自分でも悪いと思っている所がありました。
満点堂に一生懸命になっているうちに、自分が県庁の大きなプロジェクトから外されていることを知りました。
また、社長令嬢とも婚約を破棄されてしまいます。プライドの高かった野村は挫折してしまいます。
それを二宮が慰めます。二宮はデパ地下に連れて行き、データではなく客目線での気づきを教えていきます。
この作戦で、野村は満点堂の悪い所を探していき解決していきます。そして店を潤滑に経営していくにあたってマニュアルを作ります。
徐々にですが従業員も野村の言葉に耳を傾けて、満点堂は良くなっていきます。経営自体も改善されて満点堂は次第に流行るようになっていきます。
店の監査もどうにか乗り切ります。

ネタバレと結末

そして野村は県庁に帰り、生活福祉課を希望します。満点堂で培った「県民の生活」をもっとよくしようと、エリートの道を捨ててやりがいを選んだのです。
しかし県庁の職員からは、これまでの官僚的仕事ではなく、民間目線になった野村を煙たがります。
満点堂でもあった壁が今度は県庁で感じられるほどに、野村が変わってしまったのです。
そして満点堂に寄ってみると、そこには活気あふれるスーパーとして様変わりした満点堂と、二宮が。
野村は久しぶりに会った、二宮をデートに誘う所で映画は終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました