トリック劇場版2/あらすじとネタバレと感想

トリック劇場版2 2006年の邦画

トリック劇場版2の概要

制作:2006年 日本
監督:堤幸彦
出演:仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、野際陽子、片平なぎさ、他

トリック劇場版2のみどころ

人気ドラマトリックの二つ目の映画、トリック 劇場版2。
片平なぎさをゲストに迎え、再び怪しい島に上陸する二人。
今回の映画は最後に母親が現れることなく終了を迎える、本作品では異例のオチで終了してしまう。

トリック劇場版2のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

売れないマジシャン奈緒子は、かろうじて続けているマジックのアシスタントを解雇されてしまう。
暗い気持ちのまま家に帰ると、何食わぬ顔で上田が家に上がっていた。上田は巨万の富が手に入ると奈緒子を誘います。
上田が言うには、富毛村から青年がやってきて幼少時代に行方不明になった幼馴染の少女から手紙が来て、命が危ないという。行方不明になった幼馴染は、霊能力者の筐神佐和子がやっている「ゆーとぴあ」という宗教法人に監禁されており、もうすぐ自分は殺されてしまうという事だったのだ。
その手紙を届けた人物も謎の死を遂げており、奈緒子は家賃のために仕方なく上田と筐神島に上陸する。
二人は信者になりたいといい、無事に潜入することができたが、その島から出る人は死んでしまうと言われてしまう。
筐神佐和子が岩を持ち上げたことを見破り、インチキマジシャンを暴こうとするが逆に目をつけられてしまう。
当初の目的である少女を救い出すことに成功。しかし上陸する時に使ったボートは沈められていた。
信者に追い詰められた上田は、少女を隠し、奈緒子が逃げないか見張っていたと言い張る。
無事に島から脱出できた三人だが、筐神佐和子から少女を返さないと村を消すと脅されてしまい、逃げているうちに少女は捕まってしまいます。
対立を攻められ、無事奈緒子が買った所で、筐神佐和子は奈緒子に死か黙って村を出るか二択を迫るが、奈緒子は逃げ出し、沼にはまってしまう。そこへ同じように沼にはまった上だとひとつのロープの取り合いになるが、上で待っていた筐神佐和子と村人たちが居て、筐神佐和子がインチキだとばれてしまう。

ネタバレ

そうこうしているうちに少女の記憶が戻り、自分は村から攫われたのではなく、村に置き去りにされたのだという。村人に厄介者扱いされていた少女は自殺しようとしたところを筐神佐和子に助けられたのだと。
実は少女は、筐神佐和子の実の子であった。
しかし筐神佐和子はインチキばかりしてきたので母親ではない、本当の霊能者だといいながら自殺する。
傷心のまま帰宅する奈緒子が見たものは、自分のアパートが更地になっている場面。なんとアパート建て替えのために、奈緒子が居ない間に更地にしていたのです。急いで上田の車を追いかけるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました