新宿スワンII/あらすじとネタバレと感想

新宿スワンII2017年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

新宿スワンIIの概要

制作:2017年 日本
監督:園子温
出演:綾野剛、浅野忠信、伊勢谷友介、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

新宿スワンIIの見どころ

和久井健の人気漫画『新宿スワン〜歌舞伎町スカウトサバイバル〜』を新宿スワンとして園子温監督が映画化。
主演は綾野剛。
和久井自身が元スカウトマンであり、実際にあったスカウト会社と自身の経験を描いた、歌舞伎町の水商売専門のスカウトに取り巻く事件を解決していくというストーリー。今回は横浜編に当たる部分が映画化されたものである。
横浜進出を狙う新宿バーストと新宿を手に入れようとする横浜ウィザードの全面戦争である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

新宿スワンIIのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

新宿でスカウトをして生計を立てている白鳥龍彦。
ある日龍彦を指名してスカウトされに来る小沢真弓が姿を現します。真弓には200万の借金があり、龍彦を指名したのでした。龍彦は歌舞伎町の一流クラブをしている涼子ママの店ムーランルージュを紹介し、勤めることになりました。
そんな中、渋谷のスカウト連中、パラサイツの森長千里がケンカを仕掛けてきたのです。実はパラサイツ自体が問題になっており、横浜にも島を広げると言っていたのです。関玄介と龍彦は横浜に行き、同時に消えた洋介も探し出します。横浜にはウィザードというスカウト会社があり、タキと呼ばれる男が進出を跳ね返していました。タキは薬を売っており、消えた洋介はタキの薬を使用していました。関とタキは因縁の相手です。
横浜には大型クラブが二店舗出来る予定で各店舗100人ほどのキャストが必要です。そのバックについているのは全日本酒販連合会の会長住友でした。住友はタキに仲介手数料として1億円渡してキャストを用意するように言います。
一方龍彦たちは横浜でスカウトを始めます。すぐにウィザードとケンカになりますが警察もまたウィザードの味方なのでした。バーストのケツ持ち紋舞会会長天野もすでにタキに5000万で回収されておりウィザードは新宿にも乗り込んできます。バーストの山城社長は焦り、真虎は代わりに横浜をもらおうと言い出します。
バーストとウィザードは全面戦争となりました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

ある日住友会長がウィザードとバーストが集めた女性でコンテスト大会を開こうと言い出します。
バーストがスカウトした女性をウィザードが攫います。涼子が一役買って自分の店のキャストを連れてきます。
タキは宝来会に行き、田坂会長へ銃を向け射殺します。タキと関は田坂のせいで仲たがいしていたのでした。
同じ頃、倉庫では最後の薬物の取引が行われており、これが済めば洋介は消される可能性が高くそのこともアリサ龍彦に頼んでいました。龍彦は洋介を迎えに行くために会場を抜けます。関とタキの戦いに乱入した龍彦はみんなが疲れたこともあり、和解します。そこへ田坂の組の手下が、田坂の仇討ちでタキを撃ち殺します。
コンテストはバーストの勝ちになりました。関が最後にタキからもらったカギで倉庫を開けると、お金と関への手紙がっていました。洋介は麻薬で病院送りになります。
今日も、龍彦は前向きにスカウトを頑張るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました